週刊版(67)


府殿の棚田
7/4 Mon. 新潟県上越市牧区





宮の前の棚田
7/5 Mon. 長野県飯田市





天空の里
7/6 Mon. 長野県飯田市





大犬沢の棚田
7/7 Thu. 長野県伊那市





中富の棚田
7/8 Fri. 岐阜県恵那市





山野田の棚田
7/9 Sat. 岐阜県中津川市





上市ノ瀬の棚田
7/10 Sun. 山梨県南アルプス市





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
# by osampo002 | 2011-07-23 10:00

週刊版(66)


谷間の百合



6/27 Mon. 埼玉県所沢市

安全確認



6/28 Mon. 埼玉県越谷市

田んぼの花



6/29 Mon. 埼玉県越谷市

錆の年輪



6/30 Thu. 千葉県船橋市

帽子



7/1 Fri. 埼玉県越谷市

SL重連



7/2 Sat. 群馬県渋川市

水梨の棚田



7/3 Sun. 新潟県十日町市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
# by osampo002 | 2011-07-23 09:52

関西虫食いフェスティバル&クマゼミ会

 関西支部のみなさんに嬉しいお知らせ(えっ、嬉しくない?だれや、そんなこと言うとんのは、こら、ボケ!騙されたつもりで行ってみんかい!)。

 何度か書いたことがある「虫フェス」がいよいよ関西進出である。美味しくヘルシーな食材が勢揃い、しかも、トークイベントやダンスショーまである。あまつさえ、今回はクマゼミを自分たちで捕まえて食ってしまおうという、実地体験イベントまであるのだ。もちろん、写真は撮り放題。参加は自由、ただし、会場の関係で事前申し込みが必要。概要は下記の通り。


関西虫食いフェスティバル&クマゼミ会


[開催日]
2011年7月23日(土)

[時間]
OPEN 13:00 START 13:30

[プログラム(当日変更あり)]
【第1部】虫食いフェス 13時~16時
・昆虫の美味しさの秘密
・虫の味クイズ これって何の虫
・昆虫料理を写真で紹介
・市大アイドル「にゃんちゅう」、虫食いダンスに挑戦
・サルの昆虫食を映像とトークで紹介
・セミの上手な捕り方講座
【第2部】クマゼミ会 17:00~21:00
・クマゼミの採取・調理・試食

[料金] 2,000円

[予約・問い合わせ]
みぢかな自然と遊ぶ会代表 吉崎 将
shizen.asobu@gmail.com

[会場]
兵庫県伊丹市昆陽池「スワンホール」
http://hccweb1.bai.ne.jp/swanhall/
〒664-0015 兵庫県伊丹市昆陽池2丁目1番


[PR]
# by osampo002 | 2011-07-01 00:41 | お知らせします!

週刊版(65)


大平山の紫陽花



6/20 Mon. 栃木県栃木市

夏の陽射し



6/21 Mon. 埼玉県春日部市

夏草



6/22 Mon. 千葉県野田市

アメ横寸景



6/23 Thu. 東京都台東区

夕暮れ



6/24 Fri. 埼玉県越谷市

横断歩道



6/25 Sat. 東京都台東区

辛い物好き



6/26 Sun. 埼玉県越谷市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
# by osampo002 | 2011-07-01 00:35

『"PHOTO IS"10,000人の写真展2011



『"PHOTO IS"10,000人の写真展2011


天使の笑顔





無我の境地




 富士写真が主催する『"PHOTO IS"10,000人の写真展2011』に応募した。



FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)


 知っての通り、ボクらが毎年新年に行う「お散歩ネット・ベスト100写真展」は、都内・調布にある富士フォトギャラリーを会場としている。そのギャラリーで、作品のプリントを担当してくださっているのが前田のおっさんだ。この人に焼きの指示を出せば、それをプリント担当の職人さんに伝えてくれ、ダメ出しをしながら最終プリントまで仕上げてくれるのである。なので、その前田さんとちゃんと意思疎通をはかっておく、つまり、こちらの好みや癖、性格を知っておいてもらうことが、普段の付き合いでの最優先事項になる。こないだ会った時に、その前田さんが、このイベントのことをつぶやいてくれた。



 世の中がデジタル一辺倒に変化していく中、写真のプリント制作も簡易プリント、つまり、インクジェット・プリンタを利用したお手軽プリントへのシフトが加速し、多くの写真愛好家が自家プリント、良くて街の写真屋さんのフルオート・プリンタに依存している。確かに、手軽だしコストも安い。昔は、プリントの耐久性に問題アリとされていたが、技術進歩はそのバリアも吹き飛ばした。東北を襲った大津波で海水に浸ってしまったプリントですら、それなりの手立てを講じればかなり元の状態に近いところまで復活する(その写真復活プロジェクトにも富士フィルムがボランティアを派遣している)。



 しかし、フィルム時代には当たり前だった銀塩プリントの質を超えるデジタルプリントはまだない。いわゆる「手焼き」と呼ばれるものである。さすがに、デジタルデータを昔ながらの手焼きでプリントできるわけはなく、今はデジタルデータを光データに変換して現像機に通すという形をとるが、その美しさ、色の深み、黒の締まり、コントラストの鮮やかさは、プリンタでは決して再現できないレベルを保証する。当然ながら、お散歩ネットの作品も、すべてその銀塩プリントで制作されている。お値段はちょっと高いが、値段相応、というより、値段以上の高品質が間違いなく得られる。



 ところが、その値段の違いと、おそらく、店頭で待っている間に出来上がってくるという手軽さに勝てないのであろう、富士フィルムが長年にわたって培ってきた、そのプリント部門の技術力が危機に瀕している。第一、アマチュアの人々の間に、銀塩プリントなるものの存在を知っている人がどれほどいるか。知らん人が大部分であろう。

 知らぬなら知らせよう、そして、その質の高さを実感してもらおう、というのが、たぶん、今回のこの『"PHOTO
IS"10,000人の写真展2011』の主眼なのであろうと思う。応募規定はほとんどなし、唯一、富士の銀塩プリントで提出すること、それだけである。コンテストではないから、出せば展示してくれる。なんたって1万人分の作品数であるから、その会場の確保だけでも大変だったろう。それを、なんと!、全国29の会場で巡回展示するってんだから、富士の意気込みが分かる。ふだんお世話になっているものとして、協力しないわけにはいかんではないか。



FUJIFILM ネットプリントサービス


 ということで、こないだ、来年用の「お散歩ネット・ベスト100写真展」展示作品のテストプリントを頼んだ時に、別口で前田さんにボクの作品を2枚焼いてもらった。提出したのが上の2枚。1枚目は、昨年、hermesさんやコーさんたちとラオスに旅行したときに撮影したものだ。ヴィエンチャン近郊のホン村に野菜畑を見に行った。立ち寄った農家の庭で、この家の子供たちが遊んでいたが、その中の下から2番目の女の子である。カメラを向けると、ちょっと恥ずかしそうな素振りは見せるが、嫌がる風はない。ラオスに行くと、初めての人はみなびっくりするが、大人も子供も写真を撮られることに警戒感や嫌悪感を抱かないのだ。もちろん、どこかの国のように、無意識のうちにVサインを出してしまうような悪弊に染まってもいない。実に自然な表情でカメラに納まってくれる。

 それにしても、この笑顔!天真爛漫というか底抜けというか、こんな笑顔が我が国で見られなくなったのはいつごろからだろう?こっちまで幸せな気分になってくる。



 もう一枚は、これも去年の撮影、鬼太鼓座の若さまである。全身全霊で太鼓に没入し、ほとんど無我の境地にトンでいってしまった、その表情を真正面から撮影した。本番の舞台を真正面から獲れる、職業写真家ならではの余禄である。



 ちなみに、『"PHOTO IS"10,000人の写真展2011』のコンセプトは次のようなもの(ホームページから一部抜粋)。




「写真を見る楽しみ、さらには残す大切さを多くの方に感じてもらい
たい。そのような思いで富士フイルムは、「“PHOTO IS”10,000人の写真展2011」を全国29
都市で開催します。写真は、時間や場所を越え、多くの人にその込められた想いを届け、共有
することができる。そんな写真の持つ、かけがえのない価値を実感していただけるのがこの写
真展です。特定のテーマ、特別な参加資格はありません。どなたでも参加できます。」

 

 また、作品が展示される全国の会場は次の通り。お近くの方は、ぜひ足を運んでいただきますように。



メイン会場



札幌会場 : サッポロファクトリー [ アトリウム ]

  9月16日(金)~9月18日(日) 10:00~20:00



仙台会場 : 仙台駅 [ イベントスペース ]

  9月、10月に開催予定 ※日程調整中



東京会場 : 東京ミッドタウン

  [第1会場:フジフイルム スクエア] 10:00~19:00

  [第2会場:ガレリアB1Fアトリウム] 11:00~20:00

  7月22日(金)~7月27日(水)



名古屋会場 : ナディアパーク [ 2Fアトリウム ] [ 3Fデザインホール ]

  9月22日(木)、23日(金・祝) 10:00~20:00

  9月24日(土) 10:00~18:00



大阪会場 : 大阪ビジネスパーク ツイン21 [ アトリウム ]

  8月5日(金)、6日(土) 10:00~19:00

  8月7日(日) 10:00~17:00



広島会場 : 紙屋町シャレオ [ シャレオ中央広場 ]

  8月19日(金)、20日(土) 10:00~20:00

  8月21日(日) 10:00~18:00



福岡会場 : ソラリアプラザ [ 1F イベントスペース ゼファ ]

  9月9日(金)~11日(日) 10:00~20:00



サテライト会場



帯広会場 : 9月30日(金)~10月2日(日) イトーヨーカドー帯広店 [ 1F 六花亭横催事場 ]

旭川会場 : 9月23日(金・祝)~9月25日(日) アッシュ [ アトリウム ]

函館会場 : 8月12日(金)~8月14日(日) 五稜郭タワー [ イベント広場 ]

秋田会場 : 11月25日(金)~11月27日(日) イオンモール秋田 [ ウエストモール 1F ハピネス前 ]

盛岡会場 : 11月11日(金)~11月13日(日) イオンモール盛岡 [ 1F セントラルコート ]

新潟会場 : 10月21日(金)~10月23日(日) イオン新潟南ショッピングセンター [ 1F ツツミ前 ]

金沢会場 : 11月11日(金)~11月13日(日) アピタ松任店 [ 1F アピタ広場 ]

松本会場 : 10月28日(金)~10月30日(日) カタクラモール [ 1F 催事場 ]

高崎会場 : 11月18日(金)~11月20日(日) イオンモール高崎 [ 1F セントラルコート ]

水戸会場 : 11月25日(金)~11月27日(日) イオンモール水戸内原 [ 1F メインコート ]

横浜会場 : 7月29日(金)~7月31日(日) ランドマークプラザ [ 1F フェスティバルスクエア ]

甲府会場 : 8月27日(土)~8月28日(日)(開催予定) アイメッセ山梨 [ 展示場 ]

三島会場 : 9月、10月に開催予定※日程調整中 三島市民生涯学習センター [ 3F 市民ギャラリー ]

三重会場 : 11月4日(金)~11月6日(日) イオンモール鈴鹿ベルシティ [ 1F 北コート ]

岡山会場 : 9月30日(金)~10月2日(日) イトーヨーカドー岡山店[ 1F 新催事場 ]

高松会場 : 10月14日(金)~10月16日(日) ゆめタウン高松 [ 1F 中央入口通路 ]

松江会場 : 11月18日(金)~11月20日(日) イオン松江店(旧松江サティ) [ 店内特設会場 ]

宇部会場 : 11月4日(金)~11月6日(日) フジグラン宇部 [ 1F ショッピングモール ]

長崎会場 : 10月7日(金)~10月10日(月・祝) アミュ プラザ長崎 [ 2F 中央エスカレーター横 ]

宮崎会場 : 10月28日(金)~10月30日(日) MIYAKO CITY(宮交シティ) [ 1F アポロの泉 ]

熊本会場 : 10月21日(金)~10月23日(日) イオンモール熊本クレア [ 1F ウエストスクエア ]

沖縄会場 : 9月9日(金)~9月11日(日) サンエー経塚シティ [ 1F センターコート
]



メイン会場、サテライト会場のほか、富士フイルムフォトサロンでも展示されます。 


リンクシェア レビュー・アフィリエイト



[PR]
# by osampo002 | 2011-06-27 01:37 | お知らせします!

週刊版(64)


コガネグモ



6/13 Mon. 埼玉県越谷市

緑の紫陽花



6/14 Mon. 埼玉県幸手市

クローン地蔵



6/15 Mon. 埼玉県嵐山町

ホームにて



6/16 Thu. 千葉県船橋市

赤と黄



6/17 Fri. 東京都葛飾区

ユキノシタ群落



6/18 Sat. 栃木県栃木市

四十九日法要



6/19 Sun. 東京都あきる野市

 親父の四十九日法要と納骨が終わりました。悲しんでいる暇もない1ヶ月半でしたが、やっと一段落です。葬式は、遺族に悲しんでいる暇を与えないためにやるもんだ、と言いますが、確かにその通りだと納得させられました。
 読者のみなさんには、ご丁重なる弔辞や見舞いのお言葉を頂戴し、それもまた、気持ちを落ち着かせるための、いい薬になりました。忙しいと、とかくパニくる傾向があるボクのこと、みなさんの励ましの言葉が、どれほど有難かったか、言い尽くせるものではありません。メルマガの誌面をお借りして、厚く御礼申し上げます。
 親父の墓がある西多磨霊園は、東京の西の端、あきる野市の山の中にある、築地本願寺が経営する大規模墓地ですが、多摩の山並みを望む、とても美しく、気持ちの和む場所にあります。30年も昔、まだ親父が現役パリパリだったころに買っておいた墓地です。墓地だけでなく、葬儀の費用も互助会に支払い済みでした。公式のものではありませんでしたが、遺書もありました。死んでから後のことまで、ちゃんと道筋を作っておいた親父の理科系頭脳には、感心を通り越して呆れてしまいましたが、でも、お蔭で大いに助けられたことも事実です。ひょっとしたら、ボクにもその計画性を見習え、ということだったのかも知れませんね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
# by osampo002 | 2011-06-26 01:44

介護問題

 日中の最高気温33度、まだ梅雨の時期であるにもかかわらず、世の中は一気に真夏の様相である。そういえば今日は夏至だ。タダでさえ暑いのに、昼間の時間が冬場より4時間以上長い。人迷惑もほどほどにせーよ、と言いたいところだが、お天道様に通じるはずもない。

 例によって書斎は炎熱地獄だが、あいにく今日は鬼嫁の在宅日、しかも、珍しいことにオバ友たちとのお出かけ予定もない。ということで、監視下にあるボクは脱走もできず、その地獄の書斎に籠って過ごした。せめて、クーラーが効いている喫茶店にでもシケこんで快適読書生活を送りたいところだが、出かけるそぶりをちょっとでも見せたら、私も行く!となるのは目に見えている。御免だ。

 でも、お蔭で、4月初旬以来更新が滞っていた「ブログ版お散歩デジカメ」がキャッチアップできた。ついでだから「脳内紙魚だらけ」も更新できれば良かったのだが、そこまでは無理であった。そのうちにやるとしよう。

 ところで、今日は鬼嫁の在宅日と書いたが、もう何度も書いたことがあるように、母親の介護を鬼嫁に丸投げしているため、月曜日の夜と木曜日の夜は実家泊まりで帰ってこない。日曜日は日帰り。ということで、我が家にいるのは水曜日と土曜日の2日間だけということになっている。

 親父が生きていたときは、ボクは親父の方の担当という棲み分けができていたので、確かに、母親担当の鬼嫁の方が時間的にも体力的にもきついんだけれども、それほど負い目に感じることがなかった。でも、親父が亡くなったら、ボクの方の介護任務は解除。鬼嫁におんぶにだっこ状態になってしまったわけで、これはもう、すごい負い目である。なんたって、相手はボクの実母であって、ヤツはもともと他人だ。

 在宅日は、したがって、鬼嫁の愚痴を聞いてやるのが日課になった。お嬢さん育ちの母親は、とにかく、世間の常識というものに疎い。その上、ボケがまだらに入りつつあるし、耳は遠いし、体も弱い。そのくせ、ノーミソと口だけはボクより数倍達者と来ているから、屁理屈が止まらないのである。一度言えば分かるところを、言ったということを忘れるから何度も言う。ボクなら、鍵をかけて押し入れに閉じ込めてやるところだが、不思議なことに、鬼嫁は「はいはい」と何でも聞いてやるのだそうだ。ボクに対しての暴力は容赦ないのに、母親に対してはマハトマ・ガンジーも真っ青の非暴力主義らしい。

 まあ、ありがたいことではある。しかし、その鬱憤(うっぷん。うっふん、ではない)が、在宅日の愚痴になる。他のことなら、聞いているフリをしていれば平和だが、この愚痴についてはちゃんと聞いてやって、我が母親ながら、たいへん申し訳ない・・・と謝らないと絨毯爆撃が回避できないのだ。

 ところで、介護問題が深刻化するに連れ、さすがのボクも介護に対する関心が若干ながら高くなって、ときどきクグってみたりして、同じ境遇の人々のブログなどを徘徊している。まあ、ボクぐらいの年代の人間なら、大なり小なり親の介護という問題には関わっている(いた)わけで、けっこう身につまされる話が多い。お散歩ネットのコミュにも、ときどきその手の日記がアップされることがある。若い人にはピンと来ない話題だが、平均年齢が高いこのコミュでは、けっこう共感を呼ぶ話題なのだ。

 で、今日、面白いブログを見つけた。つい夢中になって、1時間以上ページをめくらされた。親父さんを介護している娘さんが書き手。タイトルは「フンコロガシの詩」と、そこそこ詩的な趣きも感じさせる(か?)タイトルだが、中身はまるっきり逆。解説するより一部を抜き出して読んでいただくほうが分かりやすかろう。

 「いつもどおりに母の墓参りをしてから実家へ帰る。洗濯と庭掃除を済ませ、親父に肺気腫の薬を飲ませ、とバタバタしていたのだが、夕食の世話をしようとテーブルの上を見ると親父が買ってきたと思しき缶詰が数個。
 サンマの蒲焼、サバの味噌煮、赤貝煮と何やら酒の肴ばかりが並んでいる。親父に「これ食べるのか?」と聞けば、「猫のエサだ」と言う。

 するってぇと何だい、猫ってのは酒屋の店先で立ち呑みしてるオッサンかい?」

 と、まあ、こういうような具合。面白すぎてヤバいってレベルなのである。文字が小さくて、万年眼精疲労気味のボクには、ちと辛い部分もなくはないが、止められない、止まらないのノリで読まされてしまう。なんでも、数日前に本にまでなったそうである。早速取り寄せよう。

 ⇒ http://inufun.exblog.jp/

[PR]
# by osampo002 | 2011-06-23 00:57

週刊版(63)


早くしてよ!



6/6 Mon. 東京都足立区

稲の命



6/7 Mon. 埼玉県越谷市

雨上がり



6/8 Mon. 埼玉県越谷市

スカイツリー



6/9 Thu. 東京都足立区

日本橋川



6/10 Fri. 東京都千代田区

9羽の子



6/11 Sat. 東京都足立区

梅雨時



6/12 Sun. 新潟県十日町市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
# by osampo002 | 2011-06-22 13:38

週刊版(62)


氾濫寸前



5/30 Mon. 埼玉県越谷市

捕獲



5/31 Mon. 埼玉県越谷市

車安全祈願



6/1 Mon. 東京都青梅市

まど



6/2 Thu. 東京都足立区

湯の島の棚田



6/3 Fri. 新潟県十日町市

人海戦術



6/4 Sat. 新潟県十日町市

山崩れ



6/5 Sun. 新潟県十日町市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
# by osampo002 | 2011-06-22 13:34

週刊版(61)


待ち合わせ



5/23 Mon. 東京都渋谷区

夏の空



5/24 Mon. 埼玉県越谷市

真紅の薔薇



5/25 Mon. 埼玉県伊奈町

坂道



5/26 Thu. 東京都渋谷区

自転車置き場



5/27 Fri. 埼玉県越谷市

バラが咲いた



5/28 Sat. 埼玉県越谷市

長浜の棚田



5/29 Sun. 千葉県富津市

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
# by osampo002 | 2011-06-22 13:31