<   2010年 06月 ( 64 )   > この月の画像一覧

6/27 今週の書評




荻原浩
「誘拐ラプソディー」
★★★★★


 なにかと忙しくて、先週はたった一冊しか読めなかった。めったにないことである。忙しさの原因である「なにかと」が実はサッカーだと知ったら、読者の中には怒髪天を衝く人もいるかも知れないが、毎夜のように1試合ずつ観戦するものだから、その分のしわ寄せが昼間の時間に割り込んでくる。ゆっくり読書なんかやってられないわけだ。
 たった一冊であったが、その一冊が星5つだったのは幸いだった。もうお馴染みの荻原浩である。去年だか一昨年だかに映画にもなった「誘拐ラプソディー」を楽しく読ませてもらった。著者特有の軽くてユーモラスな筆致に、ストーリー展開がぴったりはまった小説だった。
 ギャンブルで借金の首が回らなくなった伊達秀吉は、前科3犯と知りながら親身になって面倒を見てくれた工務店の親方を、ふとした逆ギレでぶん殴り、5万円とトラックをかっぱらって逃走する。しかし、わずか5万円の持ち金はすぐに底を突き、トラックのガソリン代さえ払えなくなる。わが身のあまりの情けなさに自殺しようとしていたそのとき、たまたま5歳の男の子を抱え込むことになった。
 これはチャンスとばかり、その子を誘拐したことにして、身代金5千万円を要求する。ところが、その子の親とは、泣く子も黙る指定暴力団の組長であった。その暴力団だけではなく、香港ギャングや警察にまで追われる巡り合せになっていく。一方、誘拐したはずの男の子とは、いつしか心が通じ合うようになり・・・。
 前科者だが悪人にはなりきれない秀吉の擬似誘拐計画は果たして成功するのか、結末まで飽かずに読ませる秀作であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-06-30 14:31 | 本を読もう!

6/27 Sun. 新潟県十日町市


山上の棚田





 




今日のプレミア版


石垣島



展示作品:「石垣島」
エッセイ:Ireland-34
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-06-30 14:28

6/26 Sat. 新潟県十日町市


雨の小谷集落





 




今日のプレミア版


港のある集落



展示作品:「港のある集落」
エッセイ:Ireland-33
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-06-30 14:26

6/25 Fri. 新潟県十日町市


夕まずめ





 




今日のプレミア版


地鶏とロバ



展示作品:「地鶏とロバ」
エッセイ:Ireland-32
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-06-30 14:25

6/24 Thu. 東京都足立区


道・昼下がり





 




今日のプレミア版


水溜り



展示作品:「水溜り」
エッセイ:こういう日に限ってヤボ用が押し寄せる
今日のポイント:ちょっとした味付け
ネット撮影会講評:きょんちさんの作品「暁の航行」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-06-30 14:23

6/23 Wed. 埼玉県さいたま市


花と緑の散歩道





 




今日のプレミア版


花と緑の散歩道



展示作品:「花と緑の散歩道」
エッセイ:ミントンさんの「日本の里」連載を
終えて
今日のポイント:花と緑の散歩道
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-06-30 14:21

6/22 Tue. 埼玉県幸手市


紫陽花群落





 




今日のプレミア版


堤上のアジサイ



展示作品:「堤上のアジサイ」
エッセイ:ベスト100の地方展について
今日のポイント:青空だから入れる価値がある
ネット撮影会講評:ミントンさんの作品「日本の里百選・阿蘇のカルデラ-最終回-」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-06-30 14:17

6/21 Mon. 千葉県松戸市


木陰の紫陽花





 毎週末松之山に通っている以外は、大半の時間をヤボ用とサッカーワールドカップの観戦に費やしている。ヤボ用の半分は両親の介護関係、残りの4割がメルマガ配信と一日一枚の撮影、残りの1割が「その他」である。「その他」の中には、ベスト100の提出作品現像や分類、プレミア版の購読申し込みや購読料の記帳、お田んぼ倶楽部謹製米の予約販売代金の記録と管理といった作業も含まれる。
 本業はいったいどこ?という疑問もあろうが、本業は1ヶ月のうち3日ぐらいを費やすだけなので、日常生活の割り振りには入れる必要がないのだ。フリーの写真家なんて、アシスタントを雇って事務所を構えてというのでない限り、シャカリキになって営業し、自らを多忙地獄に追い込むなどは愚の骨頂、別に金儲けをしようと思わなければ、月に3日働いて30万円ぐらい稼げばいいのである。半分を鬼嫁に上納し、残りの半分を飲み代と取材費に充てる。それで暮らしが成り立つのだから、無理をする必要もないし、するつもりもない。(もっとも、鬼嫁は7月いっぱいで仕事を辞め、ボクの母親の介護に専念する予定だから、上納金をもう少し増やさなくてはならなくなる可能性が大きい。)
 納税月とか、たとえばお散歩ネットの写真展などのように立替払いをしなければならないようなときのためには、プレミア版の購読料や本の印税などがストックしてある。そこから、機材費や修繕費、書籍代、調査費、通信費なども賄う。
 こうしてみると、ボクの生活は、かなり謹厳実直である。借金をせずギャンブルに手を出さなければ、この程度の収入で人並みの暮らしが成り立つのだ。昔、外資系の会社に勤務していた頃は、その10倍近い収入があったけれど、その当時も自分は中程度、人並みだと思っていた。いかに無駄遣いをしていたかが分かる。
 大相撲で野球賭博問題が喧しいが、ボクは基本的にギャンブルはやらない。サラリーマン時代、顧客との付き合いでマージャンはやったけれど、勝っても負けても月に5万円程度の勝負しかしなかった。顧客筋によっては、もっと高額の勝負を常習している人々もいたが、そういうところは誘われても断った。負ければ給料を全額出しても追いつかないレベルだから、足を踏み込むのはバカだ。同僚の中には、それで身を持ち崩したのがたくさんいたけど・・・。
 競馬競輪競艇は、見るのも撮影するのも好きだけど、賭けた経験はほとんどない。昔、群馬に赴任していたころ、顧客の大半がオートレース選手や関係者だったという事情があって、レース場に行く度に1000円から1万円ぐらいを賭けていた経験があるが、一種の顧客サービスみたいなもので、儲けようという気はなかった。パチンコもやらない。花札やチンチロリン、バッタ撒きもやったことがない。ルールも知らない。
 もっと言うならば、30年近くも証券会社に勤務していながら、株を買ったのは自社株ぐらいで、投資も投機もしたことがない。証券会社に勤めていれば、株で儲かる道理がないということが自然に分かるようになるものなのだ。
 ところで、ベスト100の作品提出だが、期日まで残り2日になっても提出してこない人が今日現在で7人、作品の枚数で16枚ある。たぶん、プレミア版の購読を止めたのであろう。提出期限は月末まで、それまでに提出されなかった場合は失格とする。




今日のプレミア版


あやめ咲く棚田



雨の棚田



紫陽花



展示作品:「あやめ咲く棚田」「雨の棚田」「紫陽花」
エッセイ:田んぼが気になって仕方がない
今日のポイント:写真の説明
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-06-30 14:13

6/21 今週の書評




石田衣良
「夜を守る」
★★★★☆





コーマック・マッカーシー
「ザ・ロード」
★★★★★





湊かなえ
「告白」
★★★★★


 久々の石田衣良である。「夜を守る」は石田が好んで描く「宙ぶらりん」若者たちの世界。IGWPシリーズの池袋、「14TEEN」の月島、「アキハバラ@DEEP」の秋葉原を経て、今回の舞台は上野・アメ横である。
 アダルトビデオショップのアルバイト店員川瀬繁は、得体の知れない焦燥と苛立ちを感じつつも、目的のない暮らしの気楽さにどっぷりと浸かる日々を楽しんでいた。
 ある日、繁は不思議な老人に声をかけられたことがきっかけとなって、高校時代の仲間たちとガーディアンとして活動することを決意する。老人の一人息子が、アメ横で殺されたことを知ったからだ。アメ横の環境を良くすること、それが、そのような犯罪の再発を防ぐことに繋がると考えたのだった。
 繁たちがやることといえば、放置自転車を整理したりゴミを拾ったり、酔っ払いを介抱したり、会うひとごとに挨拶をするといった、派手さもない地味な活動だったが、毎夜のように続けていくことでアメ横の商店主たちにも徐々にその存在が認められ、地回りのヤクザにも一目置かれる存在になっていく。さまざまな事件にも遭遇するが、それを若者なりの才覚で乗り越え、やがて、あの老人を殺害した犯人への手がかりも見え始める。
 長編小説なので、短編の連作という体裁をとったIWGPシリーズほどの軽快さや小気味良さはないが、設定が現実的だし、ストーリーにも「作り」めいた不自然さがなく、舞台がボクの守備範囲のアメ横ということもあって、小説というよりルポを読んでいるような感じで、すんなりとストーリーに入り込むことができた。

 マッカーシーといえば、現代アメリカ文壇の重鎮である。非常に寡作な作家で、78歳の現在までに発表された小説はわずか10作、映画脚本が1作、戯曲が2作、それだけしかない。しかし、1992年の「すべての美しい馬」が全米批評家協会賞と全米図書賞を受賞。2005年の「血と暴力の国」は2007年に映画化され、アカデミー作品賞を含む計4部門を受賞。2006年の本書「ザ・ロード」もピュリツァー賞を受賞してベストセラーになっている。
 一種の「シチュエーション小説」である。文明崩壊後の世界が舞台だからSF小説に、あるいは終末ものに分類することも不可能ではなかろうが、本書のテーマは、そのような分類にはまったく馴染まないとボクは思った。あえて分類するとしたら、たぶん、「神話」がもっとも適切ではなかろうか。
 主人公は無名の父親と息子。文明崩壊から10年、世界は寒冷化の一途を辿り、このままでは生き残れないと判断した父親は、息子を連れて南へと向かう旅に出る。乗り物はなく、わずかな荷物を積んだカートを押しながらの徒歩の旅だ。植物は絶滅し、動物もほとんど生存していない世界では、食料の確保が生死を分ける。生き残った人類の多くは人狩りで命を繋いでいる。まさに、人を見たら人殺しと思えの世界なのだ。
 そのような終末世界で、父は息子に正しく生きることを教える。自分たちは「火を運ぶ」「善き者」であると。襲われれば闘い、息子を守るためには相手を殺すことも辞さない父親だが、息子は、助けることができなかったのかと悩む。
 どうして世界が崩壊したのか、その理由は語られない。それ自体は重要ではなく、その後の世界で生き残った人々がどう生きていくかということ、父子が野生生物化せずに生き残れるかどうかということ、それに、なにものにも揺るがせられない父子の愛、それが重いテーマとして提示されるのだ。ずっしりとした重量感を感じる小説だが、読後の感動は別格。大ベストセラーとなり、映画化されたのは当然と言えよう。なお、ヴィゴ・モーテンセン主演の映画化作品、日本での公開は今月26日から。是非とも観なければなるまい。

 「告白」も松たか子主演の映画化作品が現在公開中。こちらの映画は見る気がしないが、小説には完全に没頭させられてしまった。小説だからこそのストーリーだという印象が強いので、映画だとネタばれ作品になってしまうんじゃないかと思うからだ。そこそこヒットしているという噂だから、そうじゃないのかも知れないが・・・。
 先生がある日、ホームルームで辞職宣言をする。その宣言の中で、事故死とされた自分の娘は実は殺されたのであって、その犯人はクラスの中にいると語る。なかなかスリリングな出だしである。
 小説は、登場する人物たちのモノローグを繋いでいくという体裁で進む。娘を殺された先生、犯人の生徒2人、同級生などの一人語りがそれぞれ一章の、全6章で構成され、1章ごとに新たな真実が読者に提示される。最初から犯人が分かっている小説だが、最後まで目が離せない展開なので、途中でちょっと一休みできない。一気に読まないと、ストレスが溜まる類の小説であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-06-30 14:06 | 本を読もう!

6/20 Sun. 新潟県十日町市


新田の棚田





 




今日のプレミア版


ケルト十字架



展示作品:「聖母マリア」
エッセイ:Ireland-31
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-06-30 14:00