<   2010年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

今週の書評




荻原浩
「「メリーゴーランド」」
★★★★☆





別冊宝島編集部
「笑う競馬」
★★★★☆


 本を読むどころの騒ぎじゃない1週間だったから、たった2冊である。
 荻原浩の作品は、これまでに「なかよし小鳩組」、「神様からひと言」、「あの日にドライブ」(直木三十五賞候補)、「コールドゲーム」(山本周五郎賞候補)の4冊を紹介したことがある。軽い文章ながら、ストーリーの意外性や、人間の本質をじっくりと見据えた人物設定、きっちりとハッピーエンドまで読者を引っ張っていく展開力などに、なかなかの冴えを見せる作家だと思う。
 この「メリーゴーランド」も面白い小説だった。取り立てて「感動的」なわけではないが、ラストまで引っ張っていく語り口は健在だし、文章自体が軽快なので手軽な気持ちで読める。
 主人公遠野啓一は某地方都市の市役所職員である。民間企業を辞めて中途採用された口だが、すでに7年間の地方公務員生活に馴染みきってしまっている。その啓一に新しい辞令が出た。次の職場は、膨大な累積赤字を抱えるテーマパーク「アテネ村」の再建対策室である。市長以下、役人根性に浸りきった上役たちに取り囲まれた状態で、妻子にまで「小心者」と呼ばれる啓一がどのような奇手を編み出すのか、ちょっとわくわくするような設定だ。
 「笑う競馬」を読むのは2度目になる。2年ばかり前に一度読んで、とても面白かったので、読んだ本はよほど感動的だったもの意外はすべて古本屋に直行という原則を崩して、馬キチガイのはんべぇくんに差し上げようと思って取っておいたのである。でも、先天性アルツ系のボクは、その後20回以上はあったはんべぇくんとの出会いのチャンスに、ことごとくその本を持っていくのを忘れたのだった。
 こないだ、たまった100冊ほどを古本屋に取りに来てもらうときに、本の山の中からこの本が出てきたので、次の機会には絶対忘れないようにというので、いつも持ち歩くバッグの中に早々と入れた。そのついでに、もう一度読み直してみたわけである。
 競馬にはまったく関心がないボクであるが、ディック・フランシスの大ファンであることからも分かるように、書かれたものの面白さは分かる。競馬の仕組みについても、ある程度の知識はあるので、書かれている内容の「笑える」ポイントも逃していないつもりだ。というか、全編これ笑いの本であるから、この本を読んで笑えないようでは困る。人間性を疑ってみたほうがいい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-04-20 00:52 | 本を読もう!

2010.4.18(SUN)


江戸時代の漁村





 先週はパソコンに振り回された1週間であった。プレミア版のほうには、日々の艱難辛苦話をまるで連載読み物のように毎日書いていたが、要は、ここ4ヶ月ばかり使ってきたノートパソコンがへそを曲げたことに始まる。そのノートも、元はといえばデスクトップが崩壊したあとの繋ぎとして、読者の一人から貸与されていたものだ。
 とにかく、「1日1枚」という謳い文句でメルマガを出している以上、パソコンにはたとえ1日であっても休暇を与えるわけにいかない。パソコンに労基法が適用されるなら、ボクはもう、とっくの昔に不良使用者として鉄格子の中だ。
 「壊れるためにある」といっても言い過ぎではないぐらい、パソコンってやつはよく壊れる。去年の12月にデスクトップがオシャカになり、代替の借り物ノートが4ヶ月目にダウンした。もっとも、「壊れた」という言い方は正確ではなく、ネットに繋がらなくなったのだ。前の所有者(借り物だから現在の所有者でもあるわけだが)がインストールしていたウィルスソフトが期限切れとなり、1年間の契約更新を求めてきたのだが、12月にオシャカになったデスクトップで契約していた別のウィルスソフトの契約がまだ7ヶ月間も残っていたので、そちらに切り替えようとしたら、ウィルスソフト同士が喧嘩してしまい、ドライバが無効になって復旧できなくなったのである。したがって、ネット接続以外の機能は正常な働きをするわけで、そういう意味では壊れてはいないわけなのだ。
 たぶん、案外簡単な手法で復帰させることができるだろうと思う。でも、その簡単な手法が何であるかがボクには分からない。しょうがないから、12月にデスクトップが壊れたときに買って、そのまま放置してあった新品のデスクトップを箱から出してきた。ネットに繋がることを確認したうえで、ほぼ2日間かけてセットアップ、つまり、メルマガ配信に必要な10個ばかりのソフトをインストールした。
 ところが、メインメモリが2GBしかない弱点がモロに表面化し、とにかく動きがのろくて使いようがない。こっちの普及版を週刊にした効果が出て、やっと最近、午前3時ごろには寝られるようになっていたのに、朝までかかっても終わらないような有様なのだ。このままでは生死にかかわる。
 というわけで、さらにまた別のパソコンを急遽買ってきて、これもまた、2日間かけてセットアップした。今度のやつは、アツモノに懲りてナマスを吹いたから、メインメモリは8GBもあるし、コア2だから感動的とも言える超特急で動いてくれる。12月に買った新品は、たった2日間だけだが使ったおかげで中古品となり、新しいのを買った店に引き取られていった。
 なんという不経済なことを、と思うだろうが、先に書いたように、1日たりともパソコンなしの日があってはならない生活だから、まあ、そういう人生なんだと思って諦めるしかないのだ。今度の新しいのが、せいぜい長生きしてくださることを祈るばかりだ。また、ネットに繋がらなくなったノートの復旧も急がねばならぬ。なにかのときの予備がないと、心配で眠れなくなる。




今日のプレミア版


サンタさんへ



展示作品:「サンタさんへ」
エッセイ:Ireland-19
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-04-20 00:47

2010.4.17(SAT)


宇宙人










今日のプレミア版


カーシヴィーンの雪



展示作品:「カーシヴィーンの雪」
エッセイ:Ireland-18
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-04-20 00:45

2010.4.16(FRI)


瑠璃色の小粒










今日のプレミア版


ショーンおじさん



展示作品:「ショーンおじさん」
エッセイ:Ireland-17
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-04-20 00:44

2010.4.15(THU)


駅裏再開発










今日のプレミア版


花筏



展示作品:「花筏」
エッセイ:ジェネリック医薬品のおかげで負担が減った
今日のポイント:画面の外も写真のうち
ネット撮影会講評:虹子さんの作品
「ある日の大濠公園」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-04-20 00:42

2010.4.14(WED)


花びら










今日のプレミア版


しず心なく



展示作品:「しず心なく」
エッセイ:パソコン苦難は続く
今日のポイント:人が入るとキリッと締まる
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-04-20 00:40

2010.4.13(TUE)


さくら










今日のプレミア版


小さな踊り子たち



展示作品:「小さな踊り子たち」
エッセイ:通風とスズメに関係は・・・・ない
今日のポイント:ちょっと寄せるだけで
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-04-20 00:38

2010.4.12(MON)


金色の歩道










今日のプレミア版


花いかだ



展示作品:「花いかだ」
エッセイ:パソコンにはときに泣かされる
今日のポイント:止まっている部分も必要
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-04-20 00:37

2010.4.11(SUN)


野点





 週刊化してこれが第2号になるが、早くも遅配である。ただし、これはボクのせいではない。ひとつはボクのパソコン(プレミア版参照)、もうひとつは「まぐまぐ」。なんと、配信しようと思ったら、朝までメンテだと。したがって、プレミア版のほうも、「まぐまぐ」経由の配信は遅配になる。ちゃんと出せたのは直接配信のものだけという有様だ。
 1週間分の画像を見ていただければ分かるが、先週は二親の病院通いの付き添いの合間を縫って、毎日桜を追いかけていた。実はこれ、欲求不満の反動なのである。
 というのも、去年の春以降、ずっと心に温めてきた計画があったのだが、それが親の介護(だけではないが・・・)でおじゃんになったからなのだ。
 その計画というのが、東京で桜が咲いたら、桜前線を歩いて追いかけてみようというものであった。これには実はヒントがあって、タイトル、作者は忘れたけど、ある時代小説の中で、江戸時代の仙台伊達藩主の参勤交代は、行きも帰りも7日間というのを読んだのだ。参勤交代というのは決して物見遊山の旅ではなく、事前に幕府に日程その他を届け出て、しかも、その届けは、去年はあわただしかったから今年はちょっとゆっくりとか、そういう勝手は許されず、原則として、どこの藩は何日間という厳格な定めに沿ったものだった。届けを出すのは、たまたまほかの藩と日程がかち合ったときに、宿泊する本陣の奪い合いが起こらないようにということだったらしい。
 仙台から東京までは、直線距離で300キロ以上ある。実際の道程は400キロほどになったであろう。それを7日間である。一日当たり50キロから60キロは進まなくてはならないわけで、いくら昔の人は健脚だったとはいっても、それはそれは大変なことだったであろう。記録によると、「下に~、下に~」と鷹揚に歩いたのは人目がある街中だけで、街をいったん外れたら、藩主は駕籠を降りて馬にまたがり、徒歩衆は尻をからげて走ったらしい。実際、江戸初期には、参勤の到着遅れを口実に取り潰された藩もあったというから、参勤交代も必死だったわけである。
 で、その話を読んで、まあ、7日間というのは無理難題だろうけど、ボクの足で実際何日かかるのか、それを確かめてみようという考えだったわけである。ついでだから、桜前線を追いかけて行けば、退屈な旅にはならんだろう。
 でも、親がこんな調子じゃ、そうそう勝手も利かぬ。まあ、別に今年じゃなくてもチャンスはある。10日間ぐらいでカバーできたら、我ながらちょっと自慢してみたくなるんじゃないかと、計画段階だからだろうが楽しみにしているのである。




今日のプレミア版


百花繚乱



展示作品:「百花繚乱」
エッセイ:不自由な足を引きずって
今日のポイント:嫌でも隠れるというワザ
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-04-20 00:32

2010.4.10(SAT)


春の日










今日のプレミア版


雨引観音



展示作品:「雨引観音」
エッセイ:登山をするハメになった
今日のポイント:待てば海路の日和あり
ネット撮影会講評:せろこさんの作品「櫻の園」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-04-20 00:30