<   2009年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2009/08/31 MON (No.2340)


お田んぼ倶楽部休憩所




 一昨日の「タープ張り」でけんちゃんが張ってくれた赤外線遮光シートの屋根である。前回までは開口部が逆向きで、背後の森の方向に向いていた。ブナ林なのだが、下草の手入れが全く入っていないので、鬱蒼と茂っている。あんまり辛気臭いというので、開口部を田んぼの側に向けて張り替えたのである。お陰で、雰囲気がずいぶん明るくなったし、出入りもしやすくなった。
 シートの柱として利用している樹木を見れば分かるとおり、休憩所として開く前は、たぶんもう30年ばかり放棄されていた田んぼの痕跡で、ススキやその他の雑草が背丈より高く生い茂っていた。それを刈り払い、木も何本か切り倒し、下地を整地したのである。今回、切り払った立木をチッパーシュレッダーで砕いてウッドチップにし、地面に敷きつめた。手前の白く見える部分などがそれである。チップで覆うことによって、更なる雑草の芽生えを抑制し、雨天時のぬかるみを緩和する効果が期待できる。踏むとふかふかとした感触があって、きわめて快適である。
 手前右側にかまどが見える。毎回のバーベキュー用である。バーベキューの肉はメンバーのコーさんが手配してくれる。イベリコ豚や鴨肉、羊のスペアリブ、鹿肉、馬肉など、普段滅多に口に入らない高価な肉が腹いっぱい食べられる。ビールやワインもある。
 左手に刈払機が4本並べられている。うち2本は、兵庫の誘蛾灯さんからのプレゼントだ。草刈りの効率が格段に向上し、お陰で、他のことに使える時間が増えた。


今日のプレミア版


トラックと赤い車



展示作品:
通常版「トラックと赤い車」
エッセイ:トイカメラ死滅
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:よっちゃんの作品
「今は昔」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-08-31 23:42

2009/08/30 SUN (No.2339)


浦田の田んぼ




 1年ぶりに民宿「里見」に宿泊。この田んぼは、その民宿の窓から見える浦田地区の田んぼである。緩やかな傾斜地の真ん中を川が流れている。松之山では珍しい風景だ。
 ここのじいさんが、こと農業に関しては一目も二目も置かれる博識で、ボクらもこれまでに、いろんなことを教えていただいた。今回も、ボクらの田んぼの稲の状況を鑑定してもらったが、地域全体が不作の割には、まあまあの線を行っているとのこと。それでも、大豊作だった去年の実績からすれば、かなりの減収を覚悟せねばならないようだ。昔なら飢饉と呼ばれてもおかしくないような状況らしいから、少なくとも、予約購入していただいた皆さんに配布する程度の収量が見込めれば上出来ということだろう。一安心である。
 しかし、百姓ってのは、お天道様に生かされもし、また殺されもする。いくら懸命に励んでも、ダメなときにはダメ、いいときはいい、そういうものだということが良く分かった。ダメならダメなりに、せめて飢え死にしない程度の収穫を望んで精励する、それが古来からの百姓根性なのだろうと思った次第。ある意味、人生そのものに通じる経験をさせてもらったわけで、お田んぼ倶楽部という遊びにも、それなりの意義があったと言えはしまいか。ありがたいことである。
 ところで衆院選だが、民主党の雪崩勝利で幕を閉じた。ボクの出身高校(鹿児島&函館)OBから14名が立候補し、うち9名が当選。9名中7名が民主、自民は1名だけ、あとの一人は無所属で出た川村秀三郎くん。2年8か月前、あのそのまんま東と宮崎県知事選を競り合って負けたボクの同期生である。今回の選挙では高校OB同士の戦いになったのだが、自民前職の先輩を破って晴れの国会議員になった。おめでとう!


今日のプレミア版


遠い煙




パッチワークの家



展示作品:
ダミー版「遠い煙」
後出し版「パッチワークの家」
エッセイ:作況不良
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:休載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-08-31 23:41

2009/08/29 SAT (No.2338)


タープ張り




 松之山の田んぼは、例年ならもう黄色く色づき始めている時期なのだが、ボクらの田んぼも含め、まだ青々としたままの状態で、ずいぶん生育が遅れているようだ。いちおう、新潟県の予想では、今年の作況は「やや不良」程度となっているが、地元の古老の話では、コメ相場下落防止のためにそう言っているだけであって、平地も、それに、特に山沿いは、かなり酷い状況なのだそうだ。
 確かに、ボクらの田んぼの稲も、いちおう穂がついて実も入っているのだが、昨年に比べたらずいぶん成りが悪い。日照不足と冷夏が原因だ。最も心配していたイモチの発生には至っていなかったのが唯一の安心材料。イモチを出してしまったら村八分だ。せっせと草刈りをやった甲斐があった。
 この日は、いつもの草刈りと堆肥の切り返し、それに、休憩所の改築をやった。写真は、休憩所の屋根になるタープを張っているけんちゃんである。梯子でかなり高いところまで登って作業している。ボクは、酒場のハシゴなら得意だが、高いところは苦手、とてもじゃないがこういう真似はできない。


今日のプレミア版


地面沸騰




稔り



展示作品:
ダミー版「地面沸騰」
後出し版「稔り」
エッセイ:作況不良
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:休載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-08-31 23:39

2009/08/29 FRI (No.2337)


灼熱の花




 月曜日からの5日間で5冊の本を読んだ。うち一冊は、昨日書いた母親の随筆集「女の窓」。もうどこにも売ってないと書いたが、何人かの読者から、ネットで売られているという知らせがあった。品切れ表示だが、取り寄せできるという。確か絶版だと聞いたから、たぶん取り寄せてはもらえないと思うのだが、まあ、ボクだって確証があって言っているわけではない。随筆家協会が在庫を持っているのかも。
 横浜市の図書館には所蔵されているというご報告もいただいた。また、著者名は竹永小夏ではなく、本名の竹永綱子になっているそうだ。確かめてみたらその通りだった。
 あとの4冊は、清水義範「春高楼の」、垣根涼介「君たちに明日はない」、門田泰明「黒豹列島」、海老沢泰久「満月 空に満月」。
 「春高楼の」は明治時代の話。弘前から上京してきた東京帝大生の2年間を追った青春小説だ。著者特有のユーモラスな文章で綴られる当時の世相や、若者たちの生きざまが面白い。
 「君たちに明日はない」は、企業の人員整理を請け負う首切り代理人の話。奇抜な発想だが、そういう仕事をする人がいてもおかしくはないなと思わせられる。ちょっと男性読者サービスが過ぎる嫌いはあるものの、山本周五郎賞を受賞しただけのことはある。
 「黒豹列島」は日本版007みたいな話。荒唐無稽すぎて、読んでいてバカバカしくなった。お勧めできない。金返せ!
 「満月 空に満月」は良かった。ルポルタージュでは定評のある作家の作品だけに、読み応えたっぷりである。歌手の井上陽水の半生記であるが、実在の人物をここまで裸にできる力量には恐れ入った。この作家の本、まだ2、3冊しか読んでいないが、しばらくハマりそうである。非常に惜しいことに、つい2週間ほど前の新聞に訃報が出ていた。59歳の夭折であった。





(★★★★☆)




(★★★☆☆)




(★☆☆☆☆)




(★★★★★)

評価(★マーク)はあくまでキットの偏見と独断に基づくもので、信頼性を保証するものではありません。

今日のプレミア版


そっぽ




展示作品:
通常版「そっぽ」
エッセイ:怖がり
今日のポイント:東向き
ネット撮影会講評:お魔女の作品
「青い庭」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-08-29 01:36 | 本を読もう!

2009/08/27 THU (No.2336)


バックオーライ?




 朝っぱらから電話の音で起こされた。さっき寝たばかりだというのに、あいにくなことに家には誰もいない。鬼嫁はオバ友の家に遊びに行くと言って出かけたし、和尚さんはお仕事だ。受話器はボクが取るしかないわけで、半分寝ぼけたままで電話に出た。
 母親であった。何事か大事でも出来(しゅったい)したかと一瞬身構えたが、つまらん話であった。「女の窓」を読み直しなさいというのである。昭和58年というから、30年も前に出版された母親の随筆集だ。読み直せという理由がふるっている。ボクと鬼嫁の年齢が、ちょうどその本を執筆していたときの両親の年齢と同じだから、というのである。正確に同じというわけではないが、3年がかりで執筆した原稿が上梓された年に親父が61歳になったというから、少なくとも、夫のほうは同年ということになる。6歳年下の母親は55歳、鬼嫁より3つ年下だった。
 起こされたばかりだったので、膀胱にはおしっこが満タン状態であった。なのに、なかなか電話を切ってくれない。もうダメだ、チビりそう!までに30分ほども開放してくれなかった。実際、チビった、ほんの少しだけど・・・。まあ、一人暮らしが寂しいのであろうとは思ったのであるが、最後の方はかなりつっけんどんな対応になってしまった。反省している。
 それはともかくとして、この本、母親の脂が乗り切った時期の本なので、言われるままに読み直してみて、ふむ、さすが!と感嘆したことであった。今ではボクも、一丁前に駄文書きの振りをしているけれど、とてもじゃないが太刀打ちできない。
 文章の巧みさもさることながら、ごくごく私的な、他人には縁もゆかりもないそこらへんのおばさんの日常を、味わい深く読ませてしまう才能は、たぶん文章力などというレベルを超越したなにかによるものであろう。そのなにかが一体全体なにであるか、がボクには分からない。おそらく、一生かかっても体得できない種類の才能であろうと思う。
 この本、言うまでもなく、とっくの昔に絶版である。各地の図書館の中には所蔵しているところもあるかも知れないが、おそらく、確実に読めるのは国会図書館だけという本だ。ネットであちこちの古本屋を覗いてみたけれど、どこにもなかった。竹永小夏著、日本随筆家協会発行、現代随筆選書の「女の窓」である。身内のことで恐縮ではあるが、名作だと思う。
 ところで、その母親のところに、某出版社からしつこく電話が入る。生きてるうちに、せめてもう一冊書かないか、というのである。そんなエネルギーはもう残っていないからと断り続けていたら、ボクのところに攻勢をかけてきた。母親を説得しろ、だって。やなこった。本人がやだと言っている。やなものを書いて、いいものが書けるはずがないではないか。末節を汚したくないのは本人、息子も汚して欲しくないのである。





今日のプレミア版


佇立




展示作品:
通常版「佇立」
エッセイ:スキャニング
今日のポイント:仰角撮影
ネット撮影会講評:けんちゃんの作品
「とある森の光景」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-08-28 02:47 | 本を読もう!

2009/08/26 WED (No.2335)


消防署




 鬼嫁に同伴されてコンサートを聴いてきた。佐渡裕指揮のシエナ・ウィンド・オーケストラ、曲目はチャイコフスキー一色で、作品31のスラブ行進曲、作品48の弦楽のためのセレナード、弦楽四重奏曲第1番2楽章の「アンダンテ・カンタビレ」を主題とするヨハン・デ=メイ作曲による「エクストリーム・メイクオーバー」の3曲。間に「音楽のおもちゃ箱」と題するトークバラエティを挟む。それには、ロックドラマーからクラシックに転じ、現在は主として欧州で活躍する打楽器奏者の池上英樹がゲスト出演した。
 ウィンド・オーケストラ、つまりブラスバンドである。我が国でほとんど唯一といえる常設のクラシック専門職業管楽オーケストラで、今年で設立20年を迎える。海外で活躍する佐渡裕を常任指揮者としていることも与ってはいるが、オケ自体も海外での評価が高く、CDなどの録音メディアも多数出ている。佐渡裕は、日曜日の「題名のない音楽会」の司会者としても名が売れている。
 わが国だけではなく、海外においても管楽器奏者というのは肩身が狭い。音大卒業生は毎年供給されるのに、需要が足りないからだ。普通のオケを見ても分かるように、弦楽器の人数はたくさんいるのに、管楽器となると、それぞれの楽器に2人か3人しかいない。オケへの就職はきわめて狭き門なのである。
 では、ソリストとしての需要はどうかというと、これはもう、相当に上手くなければ呼んでもらえない。そして、呼んでもらったとしても、ギャラは安い。なにより、管楽器の協奏曲や独奏曲自体があまりプログラムには載らないから、演奏機会自体が少ないのだ。ソロ活動だけで食っていけるプロは、世界的に見ても少数派なのである。
 大半は教員になる。音楽のセンセをしながら、部活のブラバンを率いて全国優勝を狙う、そこに音楽家としてのプライドを賭けるわけである。職業バンドに入って、流行歌のバックバンドをやる人もいる。教育者ではなく、演奏者を目指すとなると、それぐらいしか選択肢がないからだ。でも、クラシックの勉強を、それも音大に合格するぐらいだから、死ぬ思いでやってきたのに、結果が流行歌じゃ悲しい。肩身が狭くなるわけだ。
 そういう音楽界にあって、このシエラは一つの光明であろう。全国のブラバン生徒たちが熱いまなざしを送ってくれる。ブラスバンドから音大に入り、行くいくはシエラに就職するというのが夢なのである。音楽家を志したからには、一生演奏して食って行きたい。それも、クラシック畑で、というわけ。
 ということで、上野の文化会館大ホールは、ボクら夫婦が買った3階席でさえ5,000円というのに、超満員であった。楽器ケースを抱えている女子高生や若者がわんさかいる。シエナの音楽会では、一番最後のアンコールでスーザの「星条旗よ永遠なれ」を演奏することがお約束になっていて、その最後の曲では、観客もステージに上がって、オケの団員と一緒に演奏できるのだ。憧れのシエナと同じステージに立てるわけで、60人ほどの団員に200人近い観客が混じり、あのマーチが演奏された。感動ものであった。





今日のプレミア版


電話中




展示作品:
通常版「電話中」
エッセイ:ダミー版、次のシリーズ決定
今日のポイント:ノーファインダー
ネット撮影会講評:休載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-08-27 03:24 | 音楽を聴こう!

2009/08/25 TUE (No.2334)


夏草




 早朝散歩を日課としている鬼嫁が、道筋の豆腐屋から定期的に豆乳を買ってくる。ミネラルウォーターなどの空きペットボトル1リットル分だ。専用のボトルじゃないのは、そもそもその豆乳が正式な売り物ではないということ。売ってくれと言われれば売るが、豆乳なんてものがそう売れるはずもない。買う人は限られるから、用済みペットボトルで用が足りるというわけだ。
 その豆乳だが、確かに買ってきた朝は美味しく飲める。コレステロールゼロだから、高脂血漿気味の鬼嫁にとっては、ある意味、欠かせない飲み物なのである。というのも、便秘を友とする鬼嫁は、毎朝必ず牛乳を飲むことを若いころからの習慣としていたのだ。でも、それを医者に止められた。そこで、豆乳に走ったわけである。最初のうちこそ顔をしかめつつ飲んでいたが、そのうちに匂いにも慣れたと見え、ほぼ抵抗なしで飲むようになった。
 ボクも毎朝飲む。コップ一杯だけだが、元々豆乳の味や匂いにさほどの抵抗がなかったので、スムーズに習慣化した。ボクの場合は便秘対策などというのではなく、痛風予防の水分補給である。メタボ警戒心が強い鬼嫁に、他の飲み物を飲ませてもらえないということもある。
 ただ、買ってきた朝は美味しく飲める豆乳だが、冷蔵庫に入れておいても夕方には味が劣化するし、あの独特の大豆臭が鼻につくようになるのだ。もともと豆類があまり好きではない鬼嫁は、そうなったらお手上げで、残りは捨てるしかない。ほとんどタダ同然なのだから惜しくはないみたいだが、捨てれば翌朝も買わなきゃいかんわけで、散歩荷物としては重いのがお気に召さない。
 ということで、ここ1年ほどは、スーパーの調整豆乳も常備するようになった。だが、いろんな銘柄を試したが、美味しくないのだ。残る、賞味期限を過ぎる、捨てる、お散歩豆乳を買う、それも捨てるという循環になるので、鬼嫁も忸怩たるものがあったようだ。
 ところが、である。こないだ買った新製品の調整豆乳で事態が変わった。フードケミファ製、紀文の「進化型おいしい調整豆乳」という製品だ。従来の緑色のパッケージのものとは別モノじゃないかというぐらい美味しい。豆の味、匂いが、まったくというほどしないのだ。カロリーは牛乳の半分以下、カルシウムは倍という謳い文句は、ボクにはあまり関係がないけれど、コレステロールや骨粗鬆症を気にする鬼嫁にとっては大きなポイントであるらしい。もちろん、原料は大豆であるから繊維質はたっぷり、便秘にも効くというわけ。ほんとに効くかどうかは、豆乳を飲まなくてもちゃんと出るボクの知るところではないが、少なくとも、鬼嫁は固くそう信じているようだし、便秘薬とも付き合ってはいないようだ。
 200mlの小分けパッケージを段ボールごと買う。賞味期限が3ヶ月もあるから、捨てなきゃならなくなるまで残るということがない。翌日飲む分だけを入れておけばいいから、冷蔵庫のスペースを食うこともない。だいたい1週間でなくなる。我が家は生協宅配だから、ちゃんと翌週分は届くという寸法だ。
 豆乳と言えば思い出す。4年前か5年前の遠野撮影会の折に、町中の豆腐屋で飲んだ豆乳だ。それはそれは美味しかった。それが、我が家が牛乳から豆乳にシフトするきっかけになったのだ。搾りたてなら、豆類苦手の鬼嫁にも飲めると主張したのだ。ボクの言うことなど聞かないのを信条としている鬼嫁が、さすがにこれには同意した。それ以来、思考錯誤であった我が家の豆乳歴が、この進化型で新たな展開を示したわけである。





今日のプレミア版


夏空




展示作品:
通常版「夏空」
エッセイ:ダミー版、次のシリーズ
今日のポイント:秋になっちゃった
ネット撮影会講評:Ukiukiさんの作品
「沈み橋」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-08-26 04:04

2009/08/24 MON (No.2333)


夏の午後




 朝飯を食ってから就寝、お昼過ぎに起き出し、留守中と今日の分のメルマガを都合5通配信した。夏場にしては涼しく、お天気も良かったのだが、散歩に出かける暇なし。
 お散歩トイカメがだんだん賑やかになってきた。トイカメラの種類も、ボクが使っているVQ1015や、その親戚のVQ1005だけでなく、MINOXライカモデルのコピー玩具や、ローライ二眼レフのおもちゃなど、いろんな機種が出揃いつつある。おもちゃといえども、けっこういい写りをするものもあるから、アップされた画像も様々だ。コンデジで撮ったのとほとんど変わらないような画質のものもあるし、所詮はおもちゃという画像もある。そこがこのブログの面白いところだ。
 ところで、トイカメラといえば、まだデジカメおもちゃは種類が少なく、今だにフィルムカメラが多数派の世界だ。そのフィルムトイカメラを持っているという読者から、どうやってデジタル化したらいいかという問い合わせが来た。
 簡単である。写真屋にネガを持って行き、デジ化してもらって画像をCDに焼いてもらえばいい。CDの値段がかかるから、1枚、2枚だと1枚当たりの単価が高くなるが、撮り溜めておいて10枚、20枚で焼いてもらえばコスト的には安くなる。いずれにしろ、大した金額にはならないはずだ。
 案外ちゃんと写るトイカメだと、画像が普通すぎてブログの趣旨に合わないのではないか心配する向きがあるみたいだが、そんなことはない。ファインダーなしの山勘撮影の面白さや、諸設定ができない不自由さを楽しめばいいのだ。逆に、なかなかまともに撮れないと困惑する向きもあるが、トイカメラでまともに撮れてしまったんじゃ、面白くも何ともなかろう。意図せぬ描写が上がってきてしまう意外性こそ、トイカメラの真骨頂だと思う次第。
 今日の画像はベランダ喫煙所から。いくらケラレ放題のおもちゃとは言え、これはちょっとやり過ぎだろうと思ったら、スライド不十分でレンズが一部ケースに隠れてしまっていたのだった。えらい失敗画像である。





今日のプレミア版


ブルーインパルス




展示作品:
後出し版「ブルーインパルス」など10枚
エッセイ:ブルーインパルス
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:休載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-08-24 20:38

2009/08/23 SUN (No.2332)


編隊飛行




 大好きな「動きもの」撮影である。時速600キロとか700キロで飛行する戦闘機の撮影。フォーカスモードは追尾モードにしておいて、せっせと連射である。とにかく、画角の中に落ち着きがいいように入れる作業だから、左手はズームリングの操作だけに専念させる。
 全部で855枚撮影し、うち605枚をポイ、残ったのは250枚であった。確率29%、まあまあだ。
 しかし、その250枚の現像が大変。昨夜は10時頃帰宅して、遅い晩飯を食った後、今朝の5時過ぎまでかかってやっと終わった。
 塩釜からの帰り、東北道は那須一帯で40キロ、羽生付近で30キロという大渋滞。それを避けるために磐越道から常磐道へ逃げ、50キロほど遠回りをした。しかし、お陰で運転はすいすい。ふだんほとんど通らない磐越道だが、こういうときには非常に助かる。





今日のプレミア版


地熱発電所




戦闘機




展示作品:
ダミー版「地熱発電所」
後出し版「戦闘機」
エッセイ:塩釜へ
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:休載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-08-24 20:37

2009/08/22 SAT (No.2331)


鏡石の棚田




 ほぼ1年ぶりの塩釜で、1年ぶりに若女将の手料理をいただき、ビールと焼酎で気持ちよく酔った。今回は、松島航空基地の航空祭でブルーインパルスが曲技飛行をやるので、それを撮影しようという目的だ。
 我が家からごん太邸までは、地上走行分も含めて約350キロの距離がある。以前、まだボクが中年暴走族と呼ばれていた頃は、この距離を3時間ちょうどでカバーしたりしていたが、老成し、性格温厚となった今は、時速80キロののんびり走行で、5時間半かけて走った。助手席のJIROさんも、さすがにいらいらしたことであろう。
 出発する前に不在者投票を済ませた。来週の投票日がちょうどお田んぼ倶楽部に当たるので、投票できないからだ。ま、だれに、また、どの政党に投票したかは書かないが、高知3区の半分しかない基本的人権を、せめて行使させていただいたき、ちょっと肩の荷が下りた気分だ。





今日のプレミア版


間歇泉









展示作品:
ダミー版「間歇泉」
後出し版「主」
エッセイ:塩釜へ
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:休載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-08-24 20:35