<   2008年 11月 ( 32 )   > この月の画像一覧

2008/11/30 SUN (No.2066)


糸月







 昨日は、夕方まで撮影したあと、松之山温泉でりんご風呂に浸かり、宿の三省小学校に入って、鍋を囲みながら収穫祭、その後、プロジェクタを使って現像教室、講評会、作品鑑賞会などをやり、みなさんは零時前にお休み。ボクはメールをチェックしたり、やりかけの仕事を片付けたりしていたので、就寝は2時になった。

 風邪はもうほとんど回復期に入っていたと思っていたのだが、現像教室の途中でいきなり寒気が襲い、見事にぶり返した。夜中もほとんど眠れず、冷たい水を頭にかぶるために、なんどもトイレに立った。明け方、やっと熟睡。

 今日は、昨日とは一転、念願の雪である。面目が立った。やはり、ボクとけんちゃんは別行動だったが、雪景色は存分に楽しむことができた。もっとも、車の外に出ると寒気で歯の根が合わない。もっぱら、車の中からの手抜き撮影だ。

 昼食後、1時間ほどみんなに付き合い、さすがに帰りの運転がやばいと思ったので、ちょっと早かったけど打ち止めにして帰途についた。帰宅は午後6時、いつにない早いお帰りだったので、鬼嫁に、「ほんとに撮影会だったの?」と、いらぬ疑いをかけられた。


今日のプレミア版

休養日



雪の日



展示作品:ダミー版「休養日」

後出し版「雪の日」

エッセイ:松之山撮影会

今日のポイント:休載

撮影会講評:休載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。


[PR]
by osampo002 | 2008-11-30 21:25

2008/11/29 SAT (No.2065)


夕べの雲







 今回の松之山撮影会は、初雪後の雪景色が狙いだったのだが、初日の今日はドピーカン、雪などどこを探してもない。先週の初雪で20センチ積もったと聞いていたのに、この時期には珍しい高温で融けてしまったようなのだ。

 撮影会の呼びかけに「雪景色」と書いてしまっていたので、羊頭狗肉もいいところだ。みんな、口には出さないけれど、「んなろ、騙しやがって」という文句が顔に書いてある。でも、まあ、晴れていれば、なんでも絵になるわけで、贅沢は敵なのである。

 ボクとけんちゃんは別行動。借りている田んぼの地換えの話が出ていて、今年まで2年間賃借していた田んぼを返却し、代替の田んぼを借りるという流れになっているのだが、そのネゴをしなければならず、地元の人のところを訪ねて回っていたのだ。

 現在は放棄田であっても、地権者は確実にいるわけで、荒地だから勝手に耕していいというものではない。ちゃんと地権者を探し出し、正式に話を詰めていかなければならないのだ。ところが、その地権者がすでに地元にはいない。田んぼを放棄するぐらいだから、当然百姓から足を洗っているわけで、別の県に移住していたり、本人はとっくにあの世に行って、息子なり娘が権利者になっていることもありうる。

 その地権者を探すためには、地元の古老に聞くしかない。まだ生きていれば、年賀状の交換ぐらいはやっているだろうから、事情を話して連絡先を教えてもらうわけである。すんなり教えてはくれないから、なんども足を運んで、信用を得る必要がある。

 今回は、こないだ一人で来たときに頼んでおいたじいさんから、地権者2人の連絡先を教えてもらうことができた。二人とも埼玉に移住している。冬の間に会いに行って、話を詰めるつもりだ。


今日のプレミア版

久しぶりの都会



彩雲



展示作品:ダミー版「久しぶりの都会」

後出し版「彩雲」

エッセイ:松之山撮影会

今日のポイント:休載

撮影会講評:休載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。


[PR]
by osampo002 | 2008-11-30 21:23

2008/11/28 FRI (No.2064)


進入禁止







 プレミア版と同じタイトルになってしまった。3年間並行配信を続けているが、たぶん初めての事態だろう。でも、あっちは自転車、こっちは自動車が対象だから、ま、いいか。

 明日から松之山撮影会である。全部で15人の参加になる。すでに現地は何度か降雪があった模様で、狙いの雪景色が撮れる可能性がある。楽しみである。

 明日の夜は、鍋を囲んで収穫祭、というか、収穫を喜ぶ宴会をやったあと、プロジェクタを使って現像教室をやる。時間があれば、作品講評会もやるつもり。冬の夜長、どうせほかにすることはない。時間は有効に使うってことだ。

 ところで、九州支部の撮影会に急遽参加することにした。なんでも、10人以上集まるみたいだし、久しぶりの人もいる。スケジュールのやりくりがちょっと難しかったのだが、なんとか片がついた。こちらも楽しみである。


今日のプレミア版

進入禁止



展示作品:通常版「進入禁止」

エッセイ:昼夜を問わず

今日のポイント:意思

撮影会講評:hermesさんの作品

「蔵の街」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。


[PR]
by osampo002 | 2008-11-29 00:37

2008/11/27 THU (No.2063)


雨の六区







 風邪がまだ長引いているので、外出は控えるつもりだった。外は雨だし、出かける用事があるわけでもない。ずっと書斎に篭っていた。さすがに、寝ていなければならないほどではない。昨日に比べれば、多少は底離れしつつあるようだ。

 しかし、信州から帰って以来、ノルマ達成のための撮影は、車から10歩以内で撮れるものに限られている。一昨日は親父の歯医者、昨日は本屋と郵便局、両日とも、さっさと用事を済ませてさっさと帰るというだけの外出だった。そろそろ欲求不満が溜まる頃だ。

 夕方になっても降り止まない。ところが、そろそろ暗くなろうかという時刻になって母親から電話。本来ならこっちに来るはずの、親父の施設からの請求書が、どういうわけか母親のところに郵送されてきたという。取りに来い、だって。支払いは口座引き落としだから、別に急ぐ必要もないのだが、それを聞いた鬼嫁まで、取って来いという。金額を確かめておかないと、万一残高不足になったらみっともないでしょ!

 だったら、その金額を電話口で教えてもらえば済むではないか。などという口ごたえをしては、立場が悪くなる。ただでさえ病魔に冒され、体力気力に陰りが出ているときだ。この上、鬼嫁からの攻撃に晒されたら、治るものも治らなくなる。

 しょうがないから出かけていった。請求書を受け取り、小一時間ばかり母親のおしゃべりに付き合い、せっかく出てきたのだから薬でも服用しようってわけで、浅草六区の、いつもの飲み屋街に足を伸ばした。生3杯に抑えたのは、帰りの電車で眠ってしまっては、せっかくの薬の効果が逆に出ると思ったからだ。なんと読みの深いキットくんであろうか。今夜の薬、必ずや効くに違いない。


今日のプレミア版

相合傘



展示作品:通常版「相合傘」

エッセイ:年賀状

今日のポイント:手ブレ厳禁

撮影会講評:けんちゃんの作品

「川辺の町」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。


[PR]
by osampo002 | 2008-11-27 22:47

2008/11/26 WED (No.2062)


葉裏







 いよいよ本日から、「まぐまぐ大賞2008」の投票受付けである。みなさんのご推薦の甲斐あって、普及版「1日1枚お散歩デジカメ」、それに、プレミア版「お散歩デジカメPremium Edition」の両方がめでたくノミネートされた。

 投票の手順がちょっとややこしい。ページを開くと、部門賞という欄があり、そこには、「ニュース・情報源部門」から始まって最後の「エコ部門」まで、20の部門が羅列されている。

 それぞれの部門の行末に、「▼」印と「の詳細」というボタンがあるが、「の詳細」ボタンをクリックしても時間の無駄、「▼」のほうをクリックする。すると、それぞれの部門でノミネートされたメルマガ名がリストダウンされる。リストの中からひとつずつ、全部門から選んで投票することもできるが、どれかひとつ、または二つの部門だけでも構わない。

 ここで選んだメルマガは、次の欄である「総合大賞」の行末の「▼」をクリックすると、そこにリストアップされる。そこからひとつを選ぶ。

 次いで、それを選んだ理由を書く。最後に、メールアドレス欄に記入して、「投票する」で終わり。

 ボクのメルマガは、「まぐプレ部門」に「お散歩デジカメPremium Edition」が、「アート・文芸部門」に「1日1枚お散歩デジカメ」がノミネートされているから、ほかの部門はどうでもいいが、この2部門だけは見過ごしちゃダメよ。「総合大賞」では、そのどちらかか、好きなほうを選んでいただければいい。推薦文はテキトーでいい。

 で、メールアドレスだが、ひとつのメアドでできる投票は一回限りということに今年からルールが変更された。したがって、去年までのように、一人で複数の投票をする場合は、複数のメアドを持っている必要がある。

 ということで、みなのもの、根性を入れて頑張ってくれたまえ!

 ⇒ http://www.mag2.com/events/mag2year/2008/


今日のプレミア版

一葉



展示作品:通常版「一葉」

エッセイ:寝てなさい

今日のポイント:逆光の透過光

撮影会講評:k_tsubakiさんの作品

「家路の頃」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。


[PR]
by osampo002 | 2008-11-26 21:51

メルマガ大賞

メルマガ大賞への投票をお願いします



今年もメルマガ大賞の季節になりました。

投票をお願いします。

アート・文芸部門:「1日1枚お散歩デジカメ」

まぐプレ部門:「お散歩デジカメ Premium Edition」






こちらもよろしく!

マガジン名:「1日1枚お散歩デジカメ」

マガジンID:00089270

[PR]
by osampo002 | 2008-11-26 21:45 | お知らせします!

2008/11/25 TUE (No.2061)


メタセコイア







 例の「まぐまぐメルマガ大賞2008」のノミネートが、いよいよ明日発表になる。たくさん推薦していただいたようなので、たぶん、ノミネートされるのは間違いないと思われるが、問題はその後の投票である。例年、みなさんの多大なる支持を頂戴し、お陰さまで、3年連続の部門賞獲得が成った。今年も、よろしくお願いしたい。

 で、話はコロッと変わるが、melma!でも「メルマ!ガ・オブ・ザ・イヤー2008」というのをやっているみたいなのだ。

 ボクのこのメルマガ(普及版)は、最大手まぐまぐだけでなく、melma!とEマガジンでも配信されている。あとの2つの配信スタンドは、読者数は大きくまぐまぐに及ばないけれども、それなりの固定読者がいて、長らく愛読していただいている。

 そのmelma!でこういうコンテストをやっているとは、今の今まで知らなかったが、せっかくやっているのだから、暇で暇で死ぬ~、という人は投票してみてはいかが?melma!から配信を受けている人だけでなく、誰でも1回だけなら投票できるそうだから、もし、他のスタンドから購読してくれている人も加われば、いいとこまで行く可能性がある。

 投票はこちらhttp://melma.com/contents/moy2008/ )から。マガジン名は「1日1枚お散歩デジカメ」、マガジンIDは「00089270」です。


今日のプレミア版

北風の悪戯



展示作品:通常版「北風の悪戯」

エッセイ:体調回復せず

今日のポイント:ギャザ

撮影会講評:きょんちさんの作品

「ルミナス号の帰還」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。


[PR]
by osampo002 | 2008-11-25 21:59

2008/11/24 MON (No.2060)


突き進む







 鬼嫁の呪いは半端じゃない。とてもじゃないが、午後の部まで粘る気力が保持できず、午前の部を撮ったところで帰ってきた。天気も良くないし、こんな状態で雨に打たれたりしたら、いくらなんでもまずかろう。非常識の権化だと思われているようだが、ボクだって、この程度の常識なら(たまに)働かせることができるのだ。

 帰宅したら、鬼嫁の風邪も本復しておらず、和尚さんは寝床でうなっている。一家三人全滅だ。和尚さんに、

 「加持祈祷でもやって、病魔を退散させてみろよ」

 と言ったら、

 「そんなもので病気が治るぐらいだったら、江戸時代のほうが、今より平均寿命が長いだろ」

 と返された。ははは、そりゃそうだ。


今日のプレミア版

夏の雪



飛び出し



DL重連



展示作品:ダミー版「夏の雪」

後出し版「飛び出し」
「DL重連」

エッセイ:信州にSLを追う

今日のポイント:休載

撮影会講評:休載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。


[PR]
by osampo002 | 2008-11-24 20:18

2008/11/23 SUN (No.2059)


力行







 鬼嫁の呪いが現実のものになった。朝起きたら、喉が痛く、背筋が寒い。熱があるようだ。

 しかし、ここでメゲていては坂田三吉にはなれない。天才写真家としては、風邪ごときでくじけていては、世間様に申し訳が立たないのだ。

 というわけで、昨日探しておいたポイント2ケ所を、午前と午後に分けて制覇した。これまで、いろんなところで、いろんなSLをたくさん撮ってきたけれど、今回の信越線は、それらとは格が違うという感じだ。

 なんたって25パーミルの急坂が20キロ以上続くという路線だ。後ろからDL(ディーゼル機関車)2台に押してもらっているとはいえ、デコイチくんも必死の面持ちで登っていく。煙の量が半端じゃないし、しかも、列車のスピードが全然上がらないので、煙は後ろにたなびくのではなく、真上に高く吹き上がる。正面から狙うと、ものすごい迫力を感じる。

 今回の信越線は往復2本だが、下りはSL先頭で走るけれど、折り返しの上りはDLが引っ張る形で長野に戻る。したがって、撮影するのは下りの2本だけということになり、しかも、追っかけが効かないので、午前の撮影から午後の撮影までの時間が余る。コンビニで買った風邪薬のせいかどうか、めっちゃ眠い。大半の時間を車の中で居眠りすることで過ごした一日であった。


今日のプレミア版

未開の大地



SL狂想曲



白煙



展示作品:ダミー版「未開の大地」

後出し版「SL狂想曲」
「白煙」

エッセイ:信州にSLを追う

今日のポイント:休載

撮影会講評:休載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。


[PR]
by osampo002 | 2008-11-24 20:13

2008/11/22 SAT (No.2058)


野尻湖の夜







 我が家では、鬼嫁が1週間ほど前から風邪を引いている。やっと回復に向かい始めたところだ。しかし、その風邪を、親孝行な和尚さんが引き継いだと見えて、昨夜からちょっと熱っぽいなんて言っていた。今朝、真っ赤な顔で起き出して来て、今から医者に行くなどという。

 病人を二人置き去りにして、ボクだけ信州に行くのはちょっと気が引けたけど、家庭を顧みていては坂田三吉にはなれない。大写真家としては、後ろ髪をつかむ手を振り払って出かけるのである。

 今日は下見だけのつもりだったが、最後の下りにぎりぎり間に合った。その後、じっくりと下見。

 しかし、さすがは長野、寒いったらありゃしないのだ。上天気の昼間だというのに、車から出ると手がかじかむ。ホテルの食堂のテレビでは、明日の明け方の気温は、零下2度なんて言っている。

 その寒さに当てられたのかどうか、夕食を食べ終わって、画像の現像作業を終え、メルマガを書き始めたら、背中がぞくぞくする。ひょっとしたら、鬼嫁の呪いなのかも知れない。参ったな。

 なお、ホテルにたった一人だけで、やることもないからメルマガ書きなどをやっているが、このホテルではネット接続ができない。無線はいくつか感知しているのだが、すべてセキュリティがかかっている。せっかく書いたメルマガだけど、配信は帰宅してからになってしまうのだ。


今日のプレミア版

煙立つ国



鈴なり



黒煙



展示作品:ダミー版「煙立つ国」

後出し版「鈴なり」
「黒煙」

エッセイ:信州にSLを追う

今日のポイント:休載

撮影会講評:休載

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。


[PR]
by osampo002 | 2008-11-24 20:09