<   2008年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

林間の華やぎ


2008/04/29 TUE (No.1853)




 国営武蔵丘陵森林公園と言えば、埼玉県に生息する小学生にとっては遠足の定番であるが、オジンの右総代みたいなボクでも、一年中楽しくお散歩できる公園である。四季折々の自然が全身に染み渡るような気分で楽しむことができる。
 丘陵とは言っても、高低差はせいぜい20メートルぐらいしかないから、ガキどもは残らずレンタサイクルに殺到する。自転車道と歩道はきっちりと区切られていて、互いに侵入禁止。したがって、林の中の散策で、ガキが邪魔になるということがない。
 5月4日にここで撮影会をやる。大阪から美女2名が上京し、ボクんちのマンションのゲストルームにお泊りになるから、3日、4日、5日の3日間の滞在期間中の、中日の撮影会をここでやろういうわけ。なんたって、その日は、年に数回しかない無料入園日なのである。

今日のプレミア版

新芽燃ゆ


展示作品:後出し版「新芽燃ゆ」
エッセイ:てれんこ
今日のポイント:近視眼と遠視眼
撮影会講評:お魔女の作品
「憧憬」」

[PR]
by osampo002 | 2008-04-30 03:28

茶摘み


2008/04/28 MON (No.1852)




 昨日の相模草競馬の帰り道、牧の原台地の茶畑を撮影した。ちょうど新茶の季節、あちこちの畑で茶摘みが行われていた。
 現代の茶摘みは、ほとんどすべてがでっかいバリカンによる機械摘みである。昔みたいに、赤いたすきをかけた茶摘み娘が、手で摘むなどということは、お祭りのとき以外はない。
 そのお祭りのときは、ミスなんとかみたいなねいちゃんが、見よう見まねで手摘みをするわけであるが、畑の周囲は何重にもカメラマンが取り囲んで、時ならぬモデル撮影会の様相を呈する。一度だけ行ってみたけど、バカらしくなって二度と行かない。

今日のプレミア版

競り合い


おまけ4枚




展示作品:後出し版「競り合い」
おまけ画像4枚
エッセイ:相模草競馬
今日のポイント:休載
撮影会講評:休載」

[PR]
by osampo002 | 2008-04-28 22:09

砂塵を蹴って


2008/04/27 SUN (No.1851)




 静岡・牧の原は相模サンビーチに、砂浜で行われる草競馬を撮りに行ってきた。去年から楽しみにしていた被写体である。徹夜明けで体はしんどかったけど、撮影そのものは想像以上に面白かった。朝のうちは雨模様だったが、開催時刻の午前10時には晴れ上がり、午後3時過ぎまでの11レースを思う存分楽しんだ。
 主催者によると、砂浜で行われる草競馬はここ相模と鹿児島の串木野の2箇所しかなく、しかも、周回走路はここだけだそうだ。狭い走路を周回するから馬体が傾いて走る。砂塵が舞い上がる。迫力が出るわけである。その上、走路のすぐ前で撮影できるとくれば言うことなし。当分、毎年のように通うところになりそうだ。

今日のプレミア版




追走


展示作品:ダミー版「影」
後出し版「追走」
エッセイ:相模草競馬
今日のポイント:休載
撮影会講評:休載」

[PR]
by osampo002 | 2008-04-28 22:07

金網


2008/04/26 SAT (No.1850)




 明日は(もう今日だが・・・)、静岡の牧の原に草競馬を撮りに行くことになっている。日本でおそらく唯一の、海岸の砂浜で行われる競馬だ。ちゃっきりさんからその存在を聞いて、去年のうちから撮影すると決めていた。普通の競馬場とは違って、走路のすぐ横から撮影できるのだそうだ。これがほんとの砂被りというヤツで、見るだけでも迫力があるだろうと思う。その迫力を、果たして写真に写すことができるかどうか、今から楽しみである。
 ただ問題は、現在午前1時前、やっとプレミア版の配信が終わり、この普及版に取り掛かったところだ。まだ晩メシも食っていないし、風呂にも入っていない。果たして寝る時間があるかどうかだ。なんせ、朝4時半には同乗するONIさんがやってくる。寝過ごすわけにはいかないのだ。
 塩釜では、今頃ボクの悪口を肴に、さぞ盛り上がっていることであろう。参加できなかったのはたいへん申し訳なかったけど、勘弁してくれ~。

今日のプレミア版

壁・2


展示作品:後出し版「壁・2」
エッセイ:会議バトル
今日のポイント:定点観測
撮影会講評:akebimamaさんの作品
「桜と雨」

[PR]
by osampo002 | 2008-04-27 00:55

西新井大師の牡丹園


2008/04/25 FRI (No.1849)




 プレミア版のほうのコメントが「西新井太子」になってしまった。パソコンで字を書くことが習慣化すると、つい変換されたままで素通りさせてしまい、ともすれば、こういうミスを見逃してしまう。後で気がついても取り返しがつかない。後の祭りとはよく言ったものである。

今日のプレミア版

立てば芍薬、座れば・・・


展示作品:後出し版「立てば芍薬、座れば・・・」
エッセイ:モデル確保
今日のポイント:西新井太子の牡丹園
撮影会講評:遥夢さんの作品
「どれにしようかな、、、」

[PR]
by osampo002 | 2008-04-26 04:01

野の春


2008/04/24 THU (No.1848)




 数日前に、インストールしていた会計ソフトが動かなくなって、バックアップデータが使えないということを書いたら、福岡のえすくんが、次のようなアドバイスをしてくれた。
 「メルマガだけでは詳しい状況がわかりませんが、正常な動作をしないのであれば、システムファイルが壊れている可能性があります。その場合、同じバージョンの会計ソフトを追加購入しても改善されないと思いますので注意してください。最悪、別のパソコンに会計ソフトを入れるか、会計ソフトを使われているパソコンのリカバリ(再インストール)が必要になると思います。」
 メーカーへの電話は相変わらず繋がらないが、メールにはやっと返事が来て、やはり、ソフトを再購入してくれと言ってきた。割り引くそうだが、しゃくな話である。しかも、えすくんが言うように、再購入しても解決しない可能性もある。
 シロートのボクが考えるに、バックアップしてあるデータさえ取り出せれば、まったく新しい、別メーカーのソフトを買って、それに打ち込み直せば、それがもっとも現実的な解決策になるような気がする。打ち込む手間はかかるけれど、かつては1年分を年末にまとめ打ち込みしていたのだから、それに比べれば、まだ4ヵ月かそこらの分量だ。できないことはなかろう。
 というわけで、データを取り出す方法をメーカーから引き出そうと思う。最悪、バックアップファイルを送りつけて、プリントアウトして送り返してもらえばいい。それぐらいのサービスなら、当然、やってくれて当たり前じゃなかろうか。

今日のプレミア版

スギナ


展示作品:後出し版「スギナ」
エッセイ:一人息子
今日のポイント:酔うと見えるもの
撮影会講評:遥夢さんの作品
「ショーウィンドー」

[PR]
by osampo002 | 2008-04-24 22:51

芝桜の丘


2008/04/23 WED (No.1847)




 秩父の羊山公園は芝桜の丘の風景である。鬼嫁に迫られて、仕方なく、渋滞覚悟ででかけた。それも午後から。着いたのは、日暮れ直前だった。
 典型的な観光写真である。観光写真であるからには、ある程度見物人が写っていないと様にならない。誰も見に来ていない名所の写真では、買ってくれる旅行会社などありゃぁしない。
 これが風景写真だったら、夜明け直後の、まだ人影がないときに撮るしかなかろう。ただ、朝のうちは武甲山の影がこちら側に落ちるし、完全逆光という状態になるから、それが嫌ならば、山が入らない、逆方向から見た景色になって、イマイチという結果になる。名所の撮影は、一筋縄ではいかんのである。

今日のプレミア版

記念の写真を撮りましょね


展示作品:後出し版「記念の写真を撮りましょね」
エッセイ:突然秩父
今日のポイント:観光写真じゃつまらんもんね
撮影会講評:ひろじぃさんの作品
「時を経て」

[PR]
by osampo002 | 2008-04-24 00:45

ごめんください


2008/04/22 TUE (No.1846)




 コゲラを撮りに行ったけど、あまり撮影チャンスがなく、近くに飛んできたスズメやカラスの画像のほうが多いぐらいだった。
 業務用の会計ソフトが壊れた。データはバックアップが取ってあるけれど、そのバックアップデータのファイル形式がそのソフト独自のものなので、そのソフトでしか認識されない。つまり、ソフトを正常化させるか、それができなければ、同じソフトを再び購入しないことには、データを生かす手立てがないわけだ。なんのためのバックアップか分からんわい。
 メーカーに電話すれども話中で通じず、ネットで問い合わせても返答が来ない。困ったもんである。かつて使っていた自製ソフトは、使い勝手は良くなかったけれど、こういうトラブルとはまったく無縁だった。市販ソフトは確かに便利ではあるが、思わぬ落とし穴がある。

今日のプレミア版

畑泥棒


展示作品:後出し版「畑泥棒」
エッセイ:ほんとに花粉症?
今日のポイント:カラスは面白い
撮影会講評:Maxpapaさんの作品
「寂しい春」

[PR]
by osampo002 | 2008-04-22 23:15

過密地帯


2008/04/21 MON (No.1845)




 久伊豆神社の亀たちである。親亀の背中に小亀を乗せて、という文句が頭に浮かんだ。上陸して甲羅干しできるスペースが狭く、その割には頭数が多すぎる。いくらなんでも増えすぎだと思う。
 この後、久しぶりにカワセミに会いに行ったが、まったく姿を見せてくれなかった。顔見知りの鳥屋さんに聞いたら、すでにカップリングは終わり、営巣して抱卵段階に入ったんじゃないか、ということだった。だとすれば、採餌行動が活発化するはずなのだが、今日は朝のうちに1回姿を見せただけで、その後は雲隠れだそうだ。珍しくボクが顔を出したから、怪しいやつがいるってんで、警戒したのかもしれない。

今日のプレミア版

ロッククライマー


展示作品:後出し版「ロッククライマー」
エッセイ:6月は中国四国へ
今日のポイント:亀
撮影会講評:Maxpapaさんの作品
「ちょっと大胆ですか?」
「安息所」

[PR]
by osampo002 | 2008-04-22 00:18

棚田桜


2008/04/20 SUN (No.1844)




 お田んぼ倶楽部の2日目は朝から茅屋の解体作業の手伝いをやり、お昼に山菜ピザなるものを食べて放免。中立山のボクらの田んぼを見に行き、昨秋建てた茅葺き小屋の無事を確かめて解散。
 標高が高い中立山はまだだったが、下の松之山役場付近や中里村あたりは、桜がちょうど満開だった。帰り道に、以前から目をつけていた、中里村の高道山小学校跡地の桜を撮影。小学校の校舎そのものはすでにないが、校庭にあった桜の大樹はまだ健在で、満開の時期に撮影できる機会を狙っていたのだ。イメージしていた通りの、美しい景色であった。
 この画像は、その桜ではなく、すぐ近くの棚田に植樹されたソメイ。高道山の桜(プレミア版参照)から見えるところにある。
 なお、今回の現地体験から、お田んぼクラブの第3回、第4回例会は日程が1週間ずれることになった。雪解けの進行状況は毎年違うので、日程を確定するのは難しいのだ。

今日のプレミア版

棚田の春・2


展示作品:後出し版「棚田の春・2」
エッセイ:苗代作り
今日のポイント:休載
撮影会講評:休載」

[PR]
by osampo002 | 2008-04-21 03:09