<   2007年 12月 ( 33 )   > この月の画像一覧

スタジアムへの道


2007/12/31 MON(No.1733)




 靴を買いに行ったついでに近くのさいたまスタジアムまで行ってみたら、高校サッカーをやっていた。どことどこの対戦だか分からないが、まだ今日のところは一回戦のはずだ。
 スタジアムの中からは賑やかな応援の音が響いてくる。でも、観戦するつもりで来たわけじゃないので薄着だし、1500円の入場料も払わなきゃいけないからご遠慮申し上げた。レッズの試合だったら寒くても応援で温まるから我慢できるけど、地元でもない高校生の試合じゃ凍えてしまう。
 大晦日といっても、特別なことはなにもなかった。蕎麦も食いそびれた。明日の元旦も、特に何もなさそう。雑煮でも出るかと思って鬼嫁に聞いてみたら、餅を買い忘れたんだとさ。

今日のプレミア版

観戦


展示作品:通常版「観戦」
エッセイ:靴と第九
今日のポイント:小さいほど目立つ
ネット撮影会講評:カンノさんの作品
「テールランプ」

[PR]
by osampo002 | 2007-12-31 23:05

雨上がり


2007/12/30 SUN(No.1732)




 今年1年間に撮影した枚数を勘定してみた。眼デジはMarkIIで20482、20Dで26680、40Dで10548、ポケデジのG9で1918、DiMAGEで291、コンデジはCamediaで31、携帯で17、合計59967枚、約6万枚であった。よくぞまあ、撮りも撮ったりである。
 一方、縮小画像として保存してあるのは15471枚。ボクの場合、ポイされずに残った画像だけが、インデックス代わりに縮小画像として保存されている。縮小画像には、元のファイル名の前に、たとえば今日の撮影分だと「071230」というように日付がつけてあるので、その日付を頼りに、その日の分の原画フォルダを探せば、原画が直ちに見つかる仕組みなのだ。
 したがって、縮小画像が約15500枚あるってことは、ポイされた画像は44500枚だったということになる。つまり、6万枚のうちの半分以上、約7割強がダメの烙印を押されて露と消えたわけだ。ほとんどRAWで撮ってあるから、こういうダメ画像まで取っておいたら、HDDがいくつあっても足りない。捨てるのが一番なのである。
 この枚数、昔フィルムで仕事をしていた頃と比べると、総撮影枚数で10倍ほどになる。デジカメならではだ。ただ、フィルム時代はポイの割合は半分程度だった。デジになって、撮り方が多少雑になったのか、見る眼が肥えて、選択が厳しくなったのか、そのへんのところは不明である。

今日のプレミア版

雨上がる


展示作品:通常版「雨上がる」
エッセイ:傘がない
今日のポイント:暗めに仕上げる
ネット撮影会講評:おおくじらさんの作品
「はい、チーズ!」

[PR]
by osampo002 | 2007-12-30 21:08

踏切りのある風景


2007/12/29 SAT(No.1731)




 プレミア版に書いた眼力養成法の捕捉である。
 フォルダは右のようになっている。親フォルダに1年間、せっせと縮小画像を放り込むわけだが、最後の最後に縮小画像から原画を探し出してきて「原画フォルダ」にコピーしてくる。ボクが作る縮小画像は、すべて原画倉庫のどこを探せばいいかが分かるネーミングになっているのだ。
 で、その原画から現像作業をやる。毎日撮影する画像は、ポイされたもの以外は、すべてその日のうちに現像されているのだから、現像済みのJPEG画像を引っ張ってくればいいようなものだが、撮影技術や感性、選択眼が進歩するのと同様、現像技術も進歩している(と思う)わけだから、集大成として現像のやり直しをするわけである。
 原画から再現像したJPEG画像が「JPEGフォルダ」に、その際のパラメータが「SILKYPIX_DXフォルダ」に格納されている。再現像したものを再縮小したのが「縮小JPEG」に納められ、もともとの縮小画像との比較ができる仕組みだ。
 「選落ちフォルダ」には、いったん親フォルダの中に身分を確保したけれど、あえなく追放された画像が納められている。このフォルダも、後で見直すと、どうして追放されたのかが確認でき、我が選択眼の確かさを教えてくれるのだ。

今日のプレミア版

薄暮電車


展示作品:通常版「薄暮電車」
エッセイ:眼力養成法
今日のポイント:休載
ネット撮影会講評:遥夢さんの作品
「イマドキの狛犬さん」

[PR]
by osampo002 | 2007-12-30 02:23

正月準備


2007/12/28 FRI(No.1730)




 今日でボクも仕事納めだったから、お正月の間は暇である。もっとも、この1週間というもの、仕事は今日の30分だけだったから、まあ、いつだって暇だってことだけどね。鬼嫁の目つき、顔つきが日に日に険悪になっていくのが手に取るように見えるけど、この時期に営業なんかやったって煙たがられるのがオチだから、なるべく鬼嫁と遭遇しないようにしている。
 暇ついでに、2007年ベストセレクションのブログを作ろうと思っている。詳しくはGREEの日記にでも書くか、明日のプレミア版に書こうと思うけど、ボクなりの佳作選出法があって、その集大成が大晦日に出来上がる。これまで、毎年非公開にしていたけれど、やり方は読者の参考にもなりそうなので、初めて公開してみようと思うわけだ。
 あと、アイスランド写真のスキャニングもやらなきゃいけない。なんでも今晩から30日にかけて荒れ模様の天気になるというから、お散歩しないで書斎に篭るのも、悪くない考えじゃないだろうか。

今日のプレミア版

運転席


展示作品:通常版「運転席」
エッセイ:今年最後のお仕事
今日のポイント:映り込み
ネット撮影会講評:BUBUさんの作品
「いろいろな赤」

[PR]
by osampo002 | 2007-12-29 00:31

冬の畦道


2007/12/27 THU(No.1729)




 玄関の電球が点かなくなった。マンションの玄関ってのは窓がないところにあるから、昼間でも真っ暗、不自由でしょうがない。鬼嫁がぎゃーぎゃー言うので、感電覚悟で電球を取り替えた。古いやつを外して新しいのをつけるだけだけど、典型的な非理科系脳味噌しか持ち合わせていないボクには、それだけでも大仕事なのである。
 で、新しい電球に取り替えたのに、それでも点かない。取り付け方が悪かったのかも知れないと思って、もう一度やり直したけど、それでも点かない。試しに、その新しい電球を別のソケットに取り付けてみたら、ちゃんと点く。ついでに切れたと思っていた古いやつもやってみた。それも点くではないか。
 ということは、犯人は電球じゃなくてソケットのほうだったわけだ。電気が苦手のボクにも、それぐらいの推理はできる。ただ問題は、ソケットになると、もう完全にお手上げということ。仮に天井からソケット部分を取り外せたとしても、どこが悪いか分かる道理がない。
 仕方なく、出入りの電気屋に電話した。そしたら、年末繁忙につき、伺うのは年明けになる、だって。その間、真っ暗な玄関で、何度靴を履き違えるだろう。困ったことである。この手の修理を、お茶の子ですいすいやってしまう人がいる。ボクから見たら、そういう人は神様か宇宙人だ。

今日のプレミア版

喫煙者


展示作品:通常版「喫煙者」
エッセイ:アッシー人生
今日のポイント:自分の写真がない
ネット撮影会講評:BUBUさんの作品
「わたしのレッド・カーペット」

[PR]
by osampo002 | 2007-12-28 01:17

セグロセキレイ


2007/12/26 WED(No.1728)




 この普及版は留守中にズルしても、配信元に怒られることはない。ほんとにズルして留守中の分をパスしても、お咎めなしである。ただ、「一日一枚」と謳っている以上、パスしてはボクの沽券に関わるという部分があるし、読者のごく一部には、まるでこのメルマガがサービスであるかのように受け取って、受けられるべきサービスが途切れることに怒り狂うようなバカもいるから、かれこれ4年以上も継続配信しているのである。留守でズルした分は、戻ってきてから出す。遅配だけど、パスではない。
 でも、プレミア版は違う。代金を取っている胴元のまぐまぐがすぐ怒るのである。配信が48時間遅れたら、問答無用で廃刊処分になる。
 なので、留守にするときにはダミー版というのを前以て配信予約しておく。戻ってきてから、通常版を遅配するわけだから、読者にとっては1日2通になって、棚からぼた餅だ。留守がちの月だと、1ヶ月に35通も40通も来るわけで、それで同じ料金だから丸儲けなのだ。損をするのはボクだけである。
 でも、廃刊処分されちゃみっともないので、損だと分かっていてもダミー版を出す。そのダミー版が50号を超えて、そろそろ画像の在庫がなくなってきた。アイスランドの冬シリーズもそろそろ終わるのだ。
 そこで、今度は夏シリーズをやろうってわけで、久しぶりにフィルムの在庫を引っ張り出してきて画像選びを始めた。かなり長期にわたって旅した国なので、ポジが全部で3000枚ぐらいある。
 で、良さそうなのを選り分けていたら、なんだかどえらい枚数になりそうな感じ。冬が約50枚だったから、夏もそれぐらいと考えていたのに、とんでもない。ちょうど年末年始が暇なので、画像を選んでスキャンしてと思っていたのだが、選ぶだけで何日もかかりそうだ。参ったな。

今日のプレミア版

行水


展示作品:通常版「行水」
エッセイ:今年得たもの
今日のポイント:二線ボケ
ネット撮影会講評:ちゅりぼうiさんの作品
「撮影現場」

[PR]
by osampo002 | 2007-12-26 21:35

歳末につき多忙


2007/12/25 TUE(No.1727)




 例の右腕の痺れだが、以前に比べれば多少は改善してきている。まだ五体満足には程遠いけれど、右手をなるべく使わないように心がけていれば、痺れても気になるほどではなくなった。
 やっぱり、原因はいまだに不明のままなのだが、パソコン操作時に右手をデスクの上に置かず、膝に置いたままにしておけば痺れは来ない。運転時もなるべく左手だけでハンドルを握る。
 しばらくは慣れずに不自由していたマウス操作も、左手でできるようになった。今では、かえって右手でやるほうが戸惑うぐらいの域に達している。人間、やればできるものである。
 ただ、片手だけだと、ショートカットキーが使えない。コピペするときにいちいち右クリックしないといけないので、その分時間がかかる。七面倒な仕事が入らないからなんとかやってるけど、イザとなったらやっぱり困るんだろうな。

今日のプレミア版

駅前


展示作品:通常版「駅前」
エッセイ:暇つぶし
今日のポイント:定番写真
ネット撮影会講評:k_tsubakiさんの作品
「冬日到来」

[PR]
by osampo002 | 2007-12-25 20:50

ワイングラスの夜


2007/12/24 MON(No.1726)




 昭和記念公園のクリスマスイルミはワイングラスが目玉である。今年は規模が大きくなり、メイン会場の裏側の広場にも大規模なイルミが出来上がっていたが、やはり、ボクはこのワイングラスがいい。
 昨夜は電車で寝過ごしたため、帰宅が朝になった。お陰で、今日はお昼にやっとお目覚め。マンション関係で来訪者が何人か予定されているため、出かけるわけにも行かず、寒い書斎でせっせと一日遅れのメルマガを書いている。ボクのクリスマスなんて、まあ、例年こんなもんである。

今日のプレミア版

午後の公園


展示作品:通常版「聖夜の瞳」
エッセイ:乗り過ごし
今日のポイント:この1枚で十分
ネット撮影会講評:内海さんの作品
「もみじの紅葉」

[PR]
by osampo002 | 2007-12-25 13:46

冬枯れ柳


2007/12/23 SUN(No.1725)




 鬼嫁のアッシーくんでスーパーに行ったら、もう店頭はお正月仕様だった。門松やら鏡餅なんかが並べてあるし、店内放送では、「来週の日曜日は大晦日、多くの商品が倍に値上がりします!」なんてがなりたてている。
 お正月の前にクリスマス商戦ってのがあるんだと思っていのだが、それはもう終わったらしい。クリスマスものと言えば、ケーキぐらいしか並んでいなかった。もっとも、いろんなスーパーを見て回ったわけじゃないから、ひょっとしたら今日行ったところだけ、店長の気が早いのかもしれないけどね。
 鏡餅といえば、我が家の鏡餅は、例の2個重ねをプラで包んである真空パック鏡餅、それも、一番小さいヤツである。それをかれこれ10年ばかり使いまわしている。鬼嫁の主義だ。使えるものはとことん使うのである。真空パックだから、このままでいくと、死ぬまで同じ鏡餅ということになる。
 そのちっこい鏡餅のてっぺんに、普通の蜜柑を載せる。これも鬼嫁の主義だ。なんたって、鏡餅より蜜柑のほうがでかいから、見栄えの良さったらない。しかも、正月三賀日の間に10回ぐらい転がり落ちる。近くを通るときは、揺らさないようにするのが暗黙のルールになる我が家なのだ。
 せめて、金柑ぐらいの大きさにすればいいと思うのだが、鬼嫁に言わせれば、金柑が一個だけ売ってればネ、だと。果物好きの鬼嫁だが、金柑だけは趣味の対象外らしい。

今日のプレミア版

午後の公園


展示作品:通常版「午後の公園」
エッセイ:早足おじさん
今日のポイント:イメージを形にする
ネット撮影会講評:けんちゃんの作品
「それぇ~!」「雨のもみじ刈り」

[PR]
by osampo002 | 2007-12-23 21:54

部門賞獲得



「2007まぐまぐメルマガ大賞」で部門賞を獲得しました。

応援してくださった読者のみなさん、ありがとうございました!

[PR]
by osampo002 | 2007-12-22 23:59 | お知らせします!