<   2006年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

風蝶草

2006/08/30 WED(No.1245)



 同じクレオメをまったく同じ角度から撮った、まったく別の作品をプレミア版のほうに掲載した。ズームリングをちょっと回すだけで、同じものが違った作品になるという見本である。小さくだけど、下にその別の写真も載っている。虫眼鏡が必要だけどね(笑)。

今日のプレミア版

展示作品:放射
エッセイ:フィルカメをどうしよう
今日のワンポイント:
切り取り範囲が違っただけで・・・-
ただの花写真はバカでも撮れる、ってか。
ネット撮影会7月分講評:お休み

[PR]
by osampo002 | 2006-08-30 23:42

畦の花

2006/08/29 TUE(No.1244)



 久しぶりに近所の田んぼ方面を視察してきた。早いもので、稲はもう穂が垂れている。ここいらは早稲が主体なので、早い田んぼでは9月の声を聞けばもう稲刈りだ。田んぼに百姓が出てくるようになると、またシャッターチャンスが増える。楽しみなことである。
 昼間届いたカードの請求書をさっき開いてみたら、今月の請求額が80万円を越えていてびっくり!北海道行きの航空券代3人分と九州行き2回分を切ったから今月は多少多いとは思っていたが、平均20万円台、多いときでも30万円前後が普通なので、不正使用でもされたのかと思った。
 でも、明細を見て納得。ソニーの例のカメラの取次ぎをしたときに、泣きの店長のお店で前払いしたのだった。その分のお金は購入した人たちから振り込んでいただいているから、支払えなくて夜逃げするなんてことにはならない。やれやれ。ビンボー人に80万円は心臓に悪いよ。

 まぐまぐとのお話し合いがうまくいって、プレミア版の宣伝という名目で、月に一回に限り普及版読者にプレミア版を無料配信できることになった。その月に一回分はいつでもボクが好きなときを選んでいい。なので、早速今日の分をみなさんにも配信する。月に1,050円、1日35円でこの内容、安いでしょ!

今日のプレミア版

展示作品:ガード下の散歩道
エッセイ:和尚さん帰る
今日のワンポイント:
範囲指定の半径-
境界をぼかすときの指定半径の目安。
ネット撮影会7月分講評:総評

[PR]
by osampo002 | 2006-08-30 00:10

赤い空

2006/08/28 MON(No.1243)



 使っているマウスはコードレス、つまり、無線操縦である。こないだ買い換えたパソコンに、頼みもしないのにくっついてきた。コードが邪魔にならないから非常に使い勝手がいい。ところが、ときどき電池が切れる。
 電池切れになると、クリックしようがぐるぐるしようが、叩こうが投げ飛ばそうが、画面上のカーソルはびくともしない。最初は、パソコンがフリーズしたのだと思って、何度も再起動してみたけれど動かない。電池で動くなんて、そのときは知らんかったのだ。取り説を読んで原因が究明できるまでに1日かかった。
 最近は電池切れだとすぐに分かる。ボクだって、少しはパブロフすることがあるのだよ、明智くん。
 でも、さっき息子の和尚さんに使わせていたら、「げげっ、フリーズしたぁ!」などという叫び声が聞こえた。ふふふっ、田舎者め。

今日のプレミア版

展示作品:賑やかな路地
エッセイ:和尚さん
今日のワンポイント:
配置-10年に一度の傑作が撮れた!
ひょっとしたらボクは天才かも・・・。
ネット撮影会7月分講評:
けんちゃんの作品「炎天下」

[PR]
by osampo002 | 2006-08-28 23:55

分かれ道

2006/08/27 SUN(No.1242)



 書斎からベランダ喫煙所に行くには、マグロになった鬼嫁をまたがなくてはならないのだが、またいでいる途中、片目でふとテレビを見たら田んぼが写っていた。田んぼフリークとしては見逃すわけにはいかない。足を止めてしばらくテレビにお付き合い。
 兵庫は豊岡のコウノトリの話だった。コウノトリもいいけれど、コウノトリを野生化させるために取り組んでいる田んぼの自然化という話に引き込まれた。豊岡といえば、今年の正月にカニを食いに行った餘部の近くだ。棚田もたくさんあるところなので、何度か通ったことがあるが、コウノトリには気づかなかったわい。
 テレビを見ているうちに、是非一度見てみたくなった。来年の田植えの時期に中国・山陰を長期ロードしようと思っているので、その行程に入れることにしよう。

今日のプレミア版

展示作品:線路沿いの花
エッセイ:内輪の話
今日のワンポイント:
ノイズリダクション-ノイズも絵のうち。
ネット撮影会7月分講評:
メメさんの作品「夏」

[PR]
by osampo002 | 2006-08-28 01:01

聴衆

2006/08/26 SAT(No.1241)



 1時間の生演奏でバイト代1人7,500円、高一の女の子にしては見入りの良いバイトである。おまけに、夏祭りの出店が全部タダ、来年もお願いしまっす!なんて頼んで帰っていった。
 夏祭りが終わるとマンションもそろそろ秋、子どもたちもやり残した宿題で忙しくなる。例年8月は理事会も夏休みだが、9月に入れば通常態勢に戻る。また忙しくなるってことだ。

今日のプレミア版

展示作品:初めての花火
エッセイ:夏祭り
今日のワンポイント:
人物スナップは連射-もっともいい表情を切り取る。
ネット撮影会7月分講評:
メメさんの作品「夏まつり」

[PR]
by osampo002 | 2006-08-27 01:29

店頭

2006/08/25 FRI(No.1240)



 朝寝坊したが、それでも9時半には起きた。食卓の上に鬼嫁からの書置き。東京に遊びに行くので、3食勝手にしろ、だと。和尚さんは友達んちに外泊。久しぶりに独りである。嬉しいったらありゃしないのだ。
 書置きで思い出した。Maxpapaさんちが冷戦状態だそうで、もう1週間も奥さんと口をきいていない。御殿場に行くのに早起きする必要があり、奥さんに「4時に起こしてくれ」と書置きして寝た。念のためにかけておいた携帯の目覚ましで起きて枕元を見たら、「あなた、4時ですよ」という書置きが置いてあったそうだ。

今日のプレミア版

展示作品:影絵
エッセイ:松之山撮影会の人数制限撤廃
今日のワンポイント:
グレー点指定-信頼に足るホワイトバランス調整。
ネット撮影会7月分講評:
カンノさんの作品「暑」

[PR]
by osampo002 | 2006-08-26 01:17

兵士の休息

2006/08/24 THU(No.1239)



 富士総合火力演習を見学してきた。午前中と夜間それぞれに実弾射撃演習のプログラムが組まれ、大勢の観客から思わず拍手と歓声が上がるほどの迫力ある場面を堪能させていただいた。
 午後、としさんのお力で隊員たちの幕営地を取材することができた。演習も面白かったが、ボクにはこっちのほうがもっと楽しかった。巷の若者たちとは違った、精悍さ、礼儀正しさ、屈託のなさ、仕事に対する責任感、そういったものがなんの違和感もなくこの子たちの身に馴染んでいる。久しぶりにすがすがしい気分になった。

今日のプレミア版

展示作品:斉射
エッセイ:総合火力演習
今日のワンポイント:
反省点-実撮画像から反省点を汲み取る。
ネット撮影会7月分講評:
milkさんの作品「一人遊び」

[PR]
by osampo002 | 2006-08-26 01:16

生命

2006/08/23 WED(No.1238)



 今日はこの普及版、プレミア版ともにベランダ写真。忙しいときは忙しいときなりの手抜きをしていかないと身が持たない。
 この「一日一枚」も1200日を超えると、ベランダ手抜き写真の枚数も、実際に数えてみたことはないが、相当な数に上る。ベランダに出るだけなので「お散歩」は羊頭狗肉だが、手軽にどこでもパチリと一枚という点ではお散歩写真の分類に入れても文句はあるまい。
 写真の題材はどこにでもある。狭いベランダだけでもかなりの数がゲットできるのだから、たとえば、通勤経路なんて捨てるほどの被写体が転がっているはずだ。わざわざ「撮影しに」でかけなければ写真が撮れないなんて言い草は贅沢だな。

今日のプレミア版

展示作品:西日
エッセイ:中国四国支部の結成
今日のワンポイント:
SILKYPIXがバージョンアップ・その2-
-現像パラメータの登録機能は超便利。
ネット撮影会7月分講評:
setuさんの作品「夏祭り」

[PR]
by osampo002 | 2006-08-23 23:32

キュービズム風

2006/08/22 TUE(No.1237)



 健康診断のついでに通風の薬を貰ってきた。処方してもらっている間、薬局の入り口脇で健康を害していたら、この景色が目に飛び込んできた。モダニズムの一派であるキュービズムという画風があるが、そういう抽象画風の景色である。
 今日はこの1枚しか撮れなかったので、プレミア版には昨日の撮影分を載せた。1日2枚は厳しいときがあるのだ。

今日のプレミア版

展示作品:水上滑空
エッセイ:健康診断
今日のワンポイント:
SILKYPIXがバージョンアップ-試用ベータ版を配布開始。
ネット撮影会7月分講評:
雲斎さんの作品「西日」

[PR]
by osampo002 | 2006-08-23 00:39

昼休み

2006/08/21 MON(No.1236)



 暑い一日だったけど、川の上でスピードボートに乗ってお仕事だったので、至極快適な一日を過ごすことができた。ウェイクボードなどというスポーツは名前すら知らなかったが、見ていたら自分でもやってみたくなった。スピード感とスリル、それに爽快感が最高だ。
 仕事のスタート地点が勝どき桟橋だったので、久しぶりに勝鬨橋を見た。有名な跳ね上げ式の橋である。ただし、跳ね上げなくなってから久しい。ボクが子どもの時分には写真が教科書に載っていたけれど、実際に肉眼で見たことはない。
 その勝鬨橋の跳ね上げを再開する動きがあるそうだ。石原知事がご執心らしい。なんでも、跳ね上げ機構は昔のまま残されているので、点検してOKならいつでも再開可能なんだそうである。見てみたいものだね。
 現在、稼動中の跳ね上げ橋が国内に一箇所だけある。川崎の某製鉄所の構内である。1日に2回ぐらいだけど確かに上がるらしい。取材許可は貰っているのだが、暇がなくてまだ撮影していない。頼まれてくれた友人が退職しないうちに行かないと、許可が反故になってしまう。

今日のプレミア版

展示作品:水を切る
エッセイ:ウェイクボード
今日のワンポイント:
進行方向を詰める構図-基本は常に正しいとは限らない。
ネット撮影会7月分講評:
純之助さんの作品「夏本番」

[PR]
by osampo002 | 2006-08-22 01:36