<   2006年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

大輪

2006/07/31 MON(No.1215)



 今月分のネット撮影会投稿作品の講評がすべて終了した。都市化していく農村の風景を社会派風に切り取って見せたおおくじらさんの作品と、田植えをする息子の表情を面白く捉えたちゅりぼうくんの作品の2点が講師賞を獲得、いずれもお題の「農」を上手に消化した視点の鋭さが大きなポイントになった。他にも、畑の土だけを写したカンノさんの作品や、舗道に置いた玉葱を撮ったトマトさんの作品など、ユニークな作品もあって、講評するボクも楽しませていただいた。
 多くは真正面から農業の現場を撮った作品だったが、めずらしくもない作業風景をただ撮っただけという作品がけっこう数多くあって、そういう作品に対しては遠慮なく酷評させていただいた。写真を一つの芸術作品として仕上げるについて、見せ方の工夫や意図の訴え方などにまだ不足している部分が多い。被写体に迫る気概も足りない。
 また、相変わらずだが、現像やレタッチが下手。現像やレタッチも撮影と同様、意図をどのように表現するかの過程なのだから、ただ見た目が派手であればいいという段階は早く卒業してもらいたいものだ。

 来月のお題は「食」である。「飲」でもいい。ただ食べ物を撮っただけという作品がどれぐらい集まるか、今から楽しみである。酷評のし甲斐があろうってもんだ。

今日のプレミア版

展示作品:蕎麦と向日葵
エッセイ
今日のワンポイント:日の丸構図
ネット撮影会6月分講評:ミントンさんの作品「無題」
ネット撮影会2月分講評:「ブラックホール?」

[PR]
by osampo002 | 2006-07-31 23:06

最高潮

2006/07/30 SUN(No.1214)



 午前中3時間だけ昼寝をして、夜までずっと現像作業。73枚もやっつけた。撮影枚数606枚のうちの合格率が1割を超えたわけだから、今回の手筒花火撮影は大成功だったと言っていい。
 せっかく現像した画像だが、今回は仕事用ではなかったので、そのままブログ作品集にした。タダで公開である。

今日のプレミア版

展示作品:門付け
エッセイ
今日のワンポイント:集合写真
ネット撮影会6月分講評:ミントンさんの作品「田植え」
ネット撮影会2月分講評:「無題」

[PR]
by osampo002 | 2006-07-31 02:01

火炎乱舞

2006/07/29 SAT(No.1213)



 静岡県は浜名湖のほとり新居町に手筒花火を撮りに行った。大渋滞に巻き込まれて、通常4時間の行程が8時間以上、ちゃっきりさんとメメさんが場所取りしてくれていなかったら無駄足になるところだった。
 終わった後の帰り道、長時間運転の疲れを癒そうと休憩したサービスエリアでプレミア版の配信をやり、帰宅したのは午前5時半だった。撮影行で疲れを感じるなんてことはないと思っていたのだが、今回はなんだかずいぶん疲れた。

今日のプレミア版

展示作品:遠州新居手筒花火
エッセイ
今日のワンポイント:増感撮影
ネット撮影会6月分講評:お魔女の作品「休耕田に咲く」
ネット撮影会2月分講評:「青空に映える」

[PR]
by osampo002 | 2006-07-31 02:00

移転しました

メルマガ発行3周年を機に、ブログ版「お散歩デジカメ」は06年4月よりこちらに新装開店いたしました。

第1集はこちらをご覧ください。
[PR]
by osampo002 | 2006-07-29 11:09

青い小屋

2006/07/28 FRI(No.1212)



 免許証の更新が終わった後、カーナビの指令に背いて田んぼ方面を縫って帰ってきた。国道16号という、埼玉県では一番の幹線道路を通るのが距離的には一番近いのだが、信号と大量のトラックで、動いているより止まっている時間のほうが長い。田んぼ道のほうが、はるかに快適だし早いのだ。
 写真は東北新幹線。この高架の下の農道は、狭いけれど交通量がまばら、トラックも通らないので狙い目である。ただ、舗装は良くない。あちこちに穴ぼこや水溜りがあるし、砂埃もすごい。ときにはヘビを轢き殺すこともある。

今日のプレミア版

展示作品:二人
エッセイ
今日のワンポイント:極彩色
ネット撮影会6月分講評:遥夢さんの作品「キャベツ畑」
ネット撮影会2月分講評:「北斗」

[PR]
by osampo002 | 2006-07-28 21:59

敗戦投手

2006/07/27 THU(No.1211)



 越谷球場の前を通ったら、平日にしては駐車場が混み合っている。高校野球はもう準決勝まで進んでいて、使用する球場もここみたいなチンケなところではなくなったから、平日の今日みたいな日に試合などやっているわけはないのである。
 でも、やっていた。中学選手権だそうだ。中学生ったって、体格は高校生並みにでかいし、たまたま試合をしていた2チームは、こないだ予選を観た高校野球のチームよりよほど上手だった。試合終了の7回に逆転劇があったりして、隣の市の中学校が2対1で勝った。
 観客席はガラガラ、応援団もお母さんたち数人しかいないというような寂しい雰囲気だったけど、選手たちは真剣そのもの、負けたチームからはしばらくの間泣き声が絶えなかった。そういうところはやっぱ子どもだな。

今日のプレミア版

展示作品:アオサギ
エッセイ
今日のワンポイント:背景のボケ調整
ネット撮影会6月分講評:メメさんの作品「昼の蛍」
ネット撮影会2月分講評:「境界線」

[PR]
by osampo002 | 2006-07-27 22:09

2006/07/26 WED(No.1210)



 久しぶりの好天だったが、明日から週末にかけての予報は雨、この分だと、いよいよ7月中の梅雨明けは望み薄だ。梅雨明けが8月になるなんて聞いたことがない。異常気象も極まれりといったところだな。
 気になるのは稲の生育具合だ。雨も大切だが、夏場の日照も大きな要因になる。こないだ行った山形・山辺町の棚田では、地元のおばちゃんがやっぱり日照時間が少ないことを気にしていた(と思う。なんせ、言葉が通じない)。
 ここいらの稲はもうすっかり伸びていて、花がつくばかりになっている。高さが50センチを超えてくると、田んぼ一面がただの緑の絨毯状態になってしまうので写真にはなりにくいのだが、花が咲き、穂が出る時期になるとまたカメラを向けたくなる。もうじきだな。

今日のプレミア版

展示作品:垂直
エッセイ
今日のワンポイント:空の青の出し方
ネット撮影会6月分講評:カンノさんの作品「農」
ネット撮影会2月分講評:「オホーツク海の日の出前」

[PR]
by osampo002 | 2006-07-27 01:05

シャンデリア

2006/07/25 TUE(No.1209)



 ソニーの眼デジが届いた。明日発送してくれるそうだ。泣きの店長が死に物狂いで確保してくれたらしい。
 と、まあ、それはいいのだが、ボクが機材の仲介をやるたびに、「お前、いくらピンハネしてるんだ?」というようなメールが届く。価格コムの最安値より更に安い値段で出してもらっているのだから、ピンハネの余地などあろうはずもないのに、世の中にはとかく他人の行為を悪意に解釈したがるヤツがいるのである。
 なので、今回はちゃんと収支を明らかにする。ボクが立て替える筋合いはないので、希望者からは前払いしてもらっているが、送料がいくらになるか事前には明確ではない。なので、お店にだいたいのところを聞いて、その値段を上乗せして送ってもらう。お釣りが出ればボクの儲け、超過すればボクの損である。設けても損しても100円か200円、そんなもんだ。
 そのほかに、お買い物ポイントがつく。ヨド○シさんなら10%、馬鹿にならない額になるが、泣きの店長のところは1%である。したがって、今回のボディ価格87000円のポイントは870円、3台分で2610円、これがボクのギャラということになる。うまい商売なのだよ、明智くん。

今日のプレミア版

展示作品:踏切にて
エッセイ
今日のワンポイント:街中スナップは原則低彩度
ネット撮影会6月分講評:
ちゃっきりさんの作品
「田植えの講習」「さきはながいなぁ・・・!!」
ネット撮影会2月分講評:「トリコロール(三色)」

[PR]
by osampo002 | 2006-07-25 22:56

病院裏

2006/07/24 MON(No.1208)



 先っぽが黄色く色づいたニガウリはやっぱり手遅れだった。食べてみたけれど、あのニガウリ独特のシャキシャキ感がなく、まるで熟したメロン(の甘くないやつ)を食べているみたいだった。でも、苦味だけは健在。食感は悪かったけれどビールは進んだ。
 面白いもので、ベランダ菜園のニガウリ3個目、まだ小指半分ぐらいのチビスケだが、2個のでっかいのを収穫したら、とたんに大きくなり始めた。それまでは、何日たっても小さいままだったのだ。やはり、プランターの土からだけでは補給できる養分が限られている。ニガウリもバカじゃないってことだな。ちゃんと自分の身の程をわきまえて、実らせられる分だけをちゃんと大人にしようという人生設計を立てているのだ。

今日のプレミア版

展示作品:営業マン
エッセイ
今日のワンポイント:人物の後姿
ネット撮影会6月分講評:ちゃっきりさんの作品「畦草刈り」
ネット撮影会2月分講評:「無題」

[PR]
by osampo002 | 2006-07-24 23:46

ニガウリ

2006/07/23 SUN(No.1207)



 ベランダ菜園になっているニガウリの2個目を収穫した。たった3つしかなっていないうちの2つ目である。後生大事にしていたら、先っぽの方が黄色くなってきたので、慌てて収穫したのだ。ニガウリは熟すと真っ赤になるのだが、黄色くなってきたら実際は手遅れに近いのである。でも食べちゃうもんね。
 ゴーヤと違って、ニガウリは苦い。それでも、昔鹿児島で食べていたものに比べるとずいぶんおとなしい苦さだ。昔の、あの口がひん曲がりそうなニガウリは、もう鹿児島でもめったに栽培されておらず、もちろん、市場には金輪際出てこない。あの昔の品種の種が手に入ったらと思って鹿児島の友人に頼んであるのだが、みつからないらしい。
 ベランダ菜園のニガウリも、今では市場では手に入らない。たまたま庄和町の農家が苗を売っていたので植えてみたのだが、1個目を食べてみたらやっぱり苦かった。明らかにゴーヤではない。
 この種をとっておいて、来年も植える。ゴーヤなんて気の抜けたやつではなく、ニガウリを復権させようと思っているキットくんなのだ。

今日のプレミア版

展示作品:二眼レフ
エッセイ
今日のワンポイント:路上観察の勧め
ネット撮影会6月分講評:
純之助さんの作品3点「草刈り」「道」「納屋」
ネット撮影会2月分講評:「朝の露天風呂」

[PR]
by osampo002 | 2006-07-24 23:44