路地裏


2008/03/14 FRI (No.1807)




 エスくんを清澄の深川江戸博物館にご案内し、深川めしを食っていただいた。この博物館、こじんまりしたマイナー博物館だが、写真撮影自由というのが気に入っている。展示方法も、なかなか味わいがある。
 この3日間、今夕のシコーキでお送りするまで、お散歩はずっとエスくんと一緒だった。大学院でIT関連の学問を修めているという若者だから、いろいろと教えてもらうことが多く、たいへん有意義だった。ボクみたいな、古色蒼然たるノーミソでは考えつかないぐらい、今の技術は進歩している。それが分かっただけでも、いい勉強だった。
 明日は、のりおくんと二人で甲府に行く。4月始めに中央本線の塩山・甲府間をデコイチが走るので、その下見に行くのである。難しそうな路線だが、なんとかいいポイントを見つけられればと思っている。

今日のプレミア版

海と空と


展示作品:通常版「海と空と」
エッセイ:渋滞観察
今日のポイント:頻度の問題
撮影会講評:はんべぇくんの作品
「冬の滝」

[PR]
by osampo002 | 2008-03-15 00:33
<< 春を待つ盆地 静電気 >>