香りに誘われて


2008/03/08 SAT (No.1801)




 1ヶ月ほど前に歯の詰め物が取れた。痛くも痒くもないのでしばらく放っておいたのだが、メシを食うたびに食い物のカケラで穴が塞がるので、いちいち歯磨きしないといけない。歯磨きは1日1回で十分だと思っている無精者には、それがとても面倒くさい。
 長崎に出かける前に歯医者に行って型を取ってもらい、今日、それを入れてもらった。歯医者がたった2回で終わるなんて、珍しいこともあるものである。
 歯医者が言うには、きっちり合わせたつもりでも、長い間に本体の歯のほうがだんだん磨り減り、金属の詰め物のほうは磨り減らないために、噛み合せの過重がかかるようになって、それで外れるのだそうだ。ヤブ医者に治療してもらったせいではないらしい。
 以前撮影した歯のX線写真によると、ボクの歯はずいぶん磨り減っているそうだ。噛み合せの力が強すぎるのが原因だそうで、あんたももう年なんだから、あんまり固いものを食べたらいかんよ、と釘を刺された。そう言われれば、スルメなどは大好きだし、小魚なんかは頭から骨まで噛み砕いて食ってしまう。少しは慎むことにしよう。

今日のプレミア版

梅日和


展示作品:通常版「梅日和」
エッセイ:梅祭り
今日のポイント:添景に人影を入れる
撮影会講評:とどさんの作品
「ずぶぬれで」

[PR]
by osampo002 | 2008-03-09 01:42
<< 折り入ってお話が・・・ 白梅薫る >>