頭ヶ島教会


2008/03/03 MON (No.1796)




 佐世保から平戸に移動。平戸島、生月島を 平戸から佐世保に戻り、高速艇で五島列島に渡る。行き先は上五島だ。去年の6月の雨に祟られた1週間のリベンジである。福岡のmimiさんと熊本のミントンさんが合流。
 九十九島からの夕陽は、沖合い遥かの五島列島に遮られるため、直接海には落ちないが、五島列島からならば海に落ちる夕陽を見ることができる。それを前提に、撮影ポイントは去年のうちに探しておいた。
 しかし、お天気が言うことを聞いてくれない。行きは波高3メートルの荒天。かろうじて連絡船が欠航にならなかったから渡れたが、1時間半の船旅は大揺れだった。午後から夕方にかけては、時おり雨がぱらつくお天気。
 五島列島は、隠れキリシタンの島である。島内各所に教会が点在している。その数は、新上五島町内だけで29ヶ所。それぞれの集落の信者たちが寄進し、あるいは手作りした教会なので、小さいながらも個々に特色があって、それらを巡るのも楽しみの一つだ。
 この頭ヶ島教会は、我が国唯一の石造り教会である。日曜日の朝ならば、ミサにやってくる信者たちの姿も見られるのだが、普通の日は人っ子一人いない。教会なので、ボクら観光客でも自由に中を見学できる。

今日のプレミア版

入り江夕景


レイキャヴィク湾


展示作品:後出し版「入り江夕景」
ダミー版「レイキャヴィク湾」
エッセイ:長崎夕陽三昧
今日のポイント:休載
撮影会講評:休載

[PR]
by osampo002 | 2008-03-06 23:59
<< 祈る 獅子の棚田 >>