拘置所


2008/02/08 FRI (No.1772)




 数年前に建て替えられた小菅刑務所、正しくは東京拘置所は、電車の車窓からも見えるし、首都高からも見えるし、このように、荒川の河原からも見える。威風堂々とした建物である。
 新しい刑務所を間近に見たことがなかったので、今日は4.5メートルの高さがある塀の周囲をぐるっと散歩してきた。でも、塀のそばからは、建物が見えないということに気付かなかったのはうかつだった(笑)。
 面会人出入り口では、続々と面会に来た人が出入りしている。9割以上が女性、うち、半数以上が、一見してお水関係のお方だと分かる方々だった。う~ん、やっぱりそんなもんなのかな?
 出入り口の正面には、○○屋差入店なんてのが営業していて、ジュースとかお菓子、缶詰などを商っている。だだっ広い報道関係者用駐車場の入口には、駐車場内で喧嘩するなという注意書きが貼ってあった。思わず笑ってしまった。

今日のプレミア版

ゴルフはダメよ


展示作品:通常版「ゴルフはダメよ」
エッセイ:通夜弁当
今日のポイント:荒川土手
撮影会講評:はんべぇさんの作品
「ベンチ」

[PR]
by osampo002 | 2008-02-08 23:57
<< 雪山のゴンドラ 保護色 >>