週刊版(105)


「見せて!」
3/26 Mon. 埼玉県越谷市





駅・夕景
3/27 Tue. 東京都調布市





黄花カタクリ
3/28 Wed. 茨城県佐野市





彼岸桜開花
3/29 Thu. 埼玉県越谷市





写しとこ
3/30 Fri. 埼玉県越谷市





カゲ
4/1 Sun. 埼玉県越谷市





ひぐれどき
10/9 Sun. 埼玉県越谷市





 今年の冬は寒さがことのほか厳しく、また、春が兆すのもずいぶん遅かった。梅の開花は、関東地方では優に半月遅れ、この分では、ソメイヨシノの開花も、下手をすれば4月も中旬になるのではないかと思わせるほどであった。
 しかし、お天道様の采配はちゃんと釣り合いを取っているもののようで、ここ数日で急速に寒気が後退し、寒さに慣れた身には生温かさが気持ち悪く感じるほどである。桜の蕾も急速に膨らんできて、つい昨日までは見られなかったピンクの色合いが枝先に見えるようになった。さすがにまだ開いた花は見られないが、東京都内では靖国神社の標準木に開花宣言が出たそうだし、越谷でも数日中には咲き始めるだろうという見通しになった。大吉川沿いの江戸彼岸の並木が今日は五分咲き、ソメイは、例年ならそれより1週間か10日ほど遅れるのだが、今年は咲き競べが楽しめそうだ。
 個人的には、個展の開催まで1ヶ月を切り、準備作業が佳境に入ってきた。展示作品のプリント・パネル額装はすでに手配を終え、今は、案内状の印刷や発送、会場で配布するブローシャーの制作に取り組んでいる。キャプションボード作りは、今日でやり遂げた。
 こういう状況なので、例年この時期の楽しみである桜巡りが今年はできない。昨年は山形、福島を二回に分けて回り、今年は秋田、青森に目標を定めていたのだが、来年に順延ということになる。せいぜい、北関東の日帰り花見を楽しむぐらいが関の山だろう。
 ところで、調布での個展が終わり、熊本での展示が始まる6月までの合間に、阿蘇の田んぼを撮りに行こうと企んでいる。熊本での会場側との最終打ち合わせがついでにできるし、この時期なら、九州の田んぼはすでに水が張ってあるだろうから、天気に恵まれればいい写真が撮れるような予感があるのだ。財布の中身が個展の費用で圧迫されているため、そっちのほうとの折り合いがつくかどうかが問題だが、どのみち借金生活にあえぐことになるんだから一緒だろ、という悪魔の囁きが耳元で聞こえる。どうするね、キットくんよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2012-04-13 01:33
<< 週刊版(106) 週刊版(104) >>