時代コスプレ


武士の肖像





直接配信を受信している読者ならお分かりだと思うが、普及版を日刊から週刊に変えたおかげで、このプレミア版の配信終了時間がずいぶん早くなった。直接配信は、上がり次第すぐに配信されてしまう仕組みになっているから、読者が受け取った時間が、すなわちボクが配信手続きをした時間と一致する。その時間が、早ければ当日中、それも午後11時とか、それよりもっと早いこともあるし、日が変わってからになっても、遅くても午前2時ぐらいには配信できている。「まぐまぐ」経由の配信の方は、ボクが出した時間と読者に届く時間が必ずしも一致しないのだけれど、直接配信だとそうなるわけである。

 これはまさに、当初目論んでいた通りの結果であって、毎日の睡眠時間が、平均すればたぶん2時間ぐらい長くなった。5、6時間は眠れるということだから、まあ、この年齢の男子としてはほぼ平均的なところではないだろうか。その効果であろうか、夜中の作業中にデスクに突っ伏して居眠りしてしまうということがほとんどなくなったし、飲み屋でねいちゃんに肩を叩かれて起こされるということもなくなった。なにより、運転中に眠くてどうしようもなく辛いということがない。いくらナポレオンを気取っても、人間、やはり一定の睡眠時間は確保せにゃいかんということだな。

 昨夜の配信終了は当日中の午後11時だった。以前は、そこから次の普及版をやっていたわけで、すでにコラムを1回分書いた後に、2つ目のコラムを書くという艱難辛苦が待ち構えていた。テーマを思いつけばさっと書けるのに、それが思い浮かばないときが地獄だったわけである。

 今は、プレミア版が終わったら自由時間であるから、10分か15分ぐらいの短時間なら、鬼嫁が見ているテレビのバカ番組に付き合うこともある。書斎に戻れば、ネットでいろんな調べものをしたり、不義理している各方面にメールを出したり、たまにはネットサーフィンをやって知識の吸収に努めるなどという贅沢もできる。寝る前のひと時、モーツァルトを聴いて波立った心を静めるなどという芸当もできる。なにより、気持ちに余裕があるから、鬼嫁のイジメに対する耐久力もつく。あまり落ち込まなくなった。

 昨夜、そのネットサーフィンでおもしろいサイトに出会った。「時代コスプレ」というサイトだ。自分の自画像を送れば、選択したコスチュームの画像にして送り返してくれるという、遊び心満載のサイトだ。お試し版として、あんみつ姫、花魁、お姫様(女性用)、小さな殿様、新撰組(男児用)、小さな舞妓さん(女の子用)、侍、将軍(男性用)の8種類のコスチュームが用意されていたので、早速コンデジで自分撮りした画像を送ってみた。そしたら、今朝にはもう出来上がりのコスプレ画像が届いていたのである。

 まあ、自分でフォトショを操ればできる芸当ではあるが、合わせるコスチューム写真があればの話だから、そう簡単ではない。無料でこの程度の画像なら作ってくれるし、もっと多種多様なコスチュームが用意されている有料バージョンでも、料金はせいぜい500円とか、2人用でも1000円程度だ。

 こりゃおもしろい!っわけで、手元にあったスイス人の友人2人(アイルランド版の最初の方に出てきた2人)の写真を送った。出来上がってきたら、彼らにプレゼントしようというわけ。喜んでもらえること請け合いである。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プレミア版の直接配信申し込みを受け付けます。
詳細はこちらをご覧ください。

[PR]
by osampo002 | 2010-05-07 20:46
<< 5/3 Mon. 埼玉県三郷市 5/2 書評 >>