2009/12/22 TUE(No.2453)


伝法院通りの夕まずめ





 午後、東銀座のパトス1で韓国のドキュメンタリー映画「牛の鈴音」を観て、夕方からは浅草公会堂で鬼太鼓座の公演に顔を出した。一日に2回のエンタメ視聴という、滅多にない贅沢を満喫した一日だった。しかも、映画の方も鬼太鼓座の方も、文句なしの素晴らしい内容で、頭の中の感激中枢が麻痺してしまうぐらいの刺激を受けた。酒びたりで腐りかけている脳みそに、たまにカツを入れてやるのも悪くない。眠っていたヤル気が目を覚まし、元気が出てきた。
 こういうエンターテインメントを見たり本を読んだりすることを、ボクは単なる娯楽、時間潰しだとは思っていない。人間の感性なんて、開花させ、どんどん進化させていくのはさほど難しいことではないが、逆に、常時刺激していないと退化するのも早い。できるだけ右脳を働かせるよう努めることが大切だと思うのだ。芸術的感性が右脳の活動と関係するという説は、必ずしも定説とは言えない部分もあり、異説がたくさんあるということも知っているけれど、ボクの個人的経験から言うと、想像力を刺激したり感動する体験を重ねることが無駄だとは思えない。そういう意味で、今日はなかなか充実感のある一日であった。

 ところで、新年の写真展の費用分担だが、まだ振り込んでいただいていない人が数人いる。開会と同時にギャラリーへの支払いが求められるので、遅くとも年内にはお振込みいただきたい。お願いしておく。



今日のプレミア版


油絵風



展示作品:普及版「油絵風」
エッセイ:「牛の鈴音」に感動
今日のポイント:絵画風の絵作り
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-12-23 14:09
<< 2009/12/23 WED(... 2009/12/21 MON(... >>