2009/12/15 TUE(No.2446)


不夜城





 新潟のけんちゃんから焼酎が届いた。新潟産のコメで造った本格焼酎、その名もズバリ「こしひかり」である。毎年二回、必ず送ってくださる。うれしい。
 米焼酎というと、なんだか貧乏臭い印象を受ける人もいるかも知れない。昔、貧しき民の飲む酒は焼酎、しかも、混ぜものたっぷりの甲類米焼酎だったから、その記憶を残す年代がいるということであろう。しかし、この「こしひかり」は美味い。本格焼酎であるから乙類、造りが違う。ボクの流儀であるお湯割りでももちろん美味いが、この焼酎だけは、むしろオンザロックがいい。冷やして飲むと飲み過ぎるという問題はあるけれど、下手な洋酒なんか飲むよりはるかにコクがあり、喉越しもいい。
 ボクのデスクの横には今、このけんちゃんからの米焼酎の他にも、岩手のkeikoちゃんからいただいた麦焼酎と蕎麦焼酎もある。コージさんから毎年送っていただく泡盛もまだ残っている。もちろん、いつもの芋焼酎も4本買い置きがあるし、清酒も予備に1本置いてある。他に、ワインが3本、これは和尚さんがお清めでいただいてきたものだ。寒くなってきて冷蔵庫のビールはハケが悪くなってきたが、ハケないから残っているわけで、ボクの心情としては、これだけたくさんの酒がある状態が、嬉しくてしょうがない。いくら飲んでも減らない気がするのだ。もちろん、そんなことはなく、飲めばその分減るのではあるが、予備がたっぷりだと気が滅入ることがない。
 昨日届いたネギボーズさんの深谷ネギは、さっそく茹でてポン酢でいただいた。まだまだたくさんあるから、これからお正月にかけて、いろんな料理法で楽しめる。セイヤさんからは、茹でるよりホイル焼きのほうがいいというメールも頂戴した。旨味が溶け出さない分、美味しさが逃げないとおっしゃる。その通りだ。我が家ではまだ未経験の料理法だったので、試してみるのが待ちきれない。熱燗や焼酎が、さぞや美味しくいただけることであろう。



今日のプレミア版


キャッチ



展示作品:普及版「キャッチ」
エッセイ:打ち合わせ
今日のポイント:しばらく見なかったけど
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-12-16 04:21
<< 2009/12/16 WED(... 2009/12/14 MON(... >>