2009/12/13 SUN(No.2444)


お狐さま





 深谷にお住まいのネギボーズさんから昨日メールを頂戴した。葱を送ったメールであった。
 埼玉県深谷市と言えば、言わずと知れた深谷ネギの産地である。深谷にお住まいでハンドルネームがネギボーズ、郷土愛の証しだとお見受けする。
 ネギボーズさんからは、毎年、年末になると深谷ネギが届く。群馬の下仁田ネギと並んで、(というか、希少価値は深谷ネギのほうが高いので深谷に軍配が上がると思うが、)柔らかくて甘みが強く、とても美味しい食材である。すき焼きの季節だから特に重宝される(値段も高い)けれど、我が家ではすき焼きは1回が限度、あとは、湯豆腐に入れてポン酢で食べたり、煮魚のお供にしたりする。鬼嫁や和尚さんは敬遠気味だけれど、ネギだけを茹でて、唐辛子をたっぷり振った醤油にちょっと漬けて食べるのがボクは好きだ。せっかくの美味しさを、醤油で煮て殺すのはもったいないと思うのだ。熱燗や焼酎のお湯割りにとてもよく合う。
 メールをいただいたのが昨日、普通なら今日には届くと思って楽しみにしていたのだけれど、残念ながら届かなかった。年末も近づき、お歳暮のピークだから、宅配屋さんや郵便屋さんも多忙なのであろう。
 メールには、お勧めレシピは書いてなかったけれど、保存法が記されていた。日向なら1日、陰干しなら2、3日干した上で束ね、新聞紙でくるんで、根っこを下にした状態で風通しのいいところに立てかけておくと、1ヶ月は美味しく食べられるそうだ。ボクの経験から言っても、そのようにして保存すれば、日数が経つほど甘みが増すような気がする。
 ところで、葱で思い出したことがある。色の種類に浅黄色とか萌黄色というのがある。青緑色がちょっと濁った感じで薄いのが浅黄色、鮮やかな黄緑に近い緑が萌黄色だが、いずれも本来は浅葱、萌葱である。葱の色なのだ。古来から我が国では、広く愛された野菜であったことが分かる。



今日のプレミア版


冬寒の空



展示作品:普及版「冬寒の空」
エッセイ:宛名印刷
今日のポイント:印象を再現する
ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-12-14 03:13
<< 2009/12/14 MON(... 2009/12/12 SAT(... >>