2009/11/30 MON(No.2431)


欅イルミ





 11月は予想外に本が読めた。前月の23冊には及ばなかったものの、全部で20冊、まあまあのペースだ。写真展の準備で調布まで出かけるのが、ちょうどいい読書時間になる。往復5時間のうち、4時間強は電車の中だから、本を読むぐらいしかすることがないのだ。
 しかし、20冊も読んだ割には、印象に残る本が少なかった。あえて挙げるとすれば佐藤正午の「ジャンプ」と佐野真の「東電OL殺人事件」ぐらい。両方ともノンフィクションだ。石田衣良の「6TEEN」は新刊の単行本を発売と同時に買って読んだが、直木賞受賞の「4TEEN」ほどのインパクトはなかった。当時14歳だった中三の4人組が高二になった2年後のストーリーだが、石田ならではの若者生態描写に切れ味は認められたものの、物語自体にかなり無理をしてひねり出したようなあざとさがあって、素直に称賛できないわだかまりを感じてしまった。出版社に無理やり書かされた匂いがある。
 来月は通常ペースとして、来年1月はたくさん読めそうだ。なにせ、4日から20日までの写真展期間中は、毎日調布までご出勤。ギャラリーに詰めている間も、客が来なければ読書ぐらいしかすることはないわけで、うまくすれば期間中だけで50冊ぐらい行くかもしれない。自分の本来の仕事はすべてキャンセルせざるを得ないが、本が読めるのはなによりだ。楽しみである。



今日のプレミア版


アメ横の夜



展示作品:普及版「アメ横の夜」
エッセイ:本が読める
今日のポイント:彩度を下げる

ネット撮影会講評:休載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Premium版の購読申込みはこちら。

購読料(月間1,050円)はクレジットカードからの自動引き落としです。

[PR]
by osampo002 | 2009-12-01 03:24 | 本を読もう!
<< 2009/12/01 TUE(... 2009/11/29 SUN(... >>